コンテンツへジャンプ

最新号:CLIP No.514(2021.7.24発行)

 

今回は、収蔵資料展「イカ展」、那古観音「四万六千日」などイベント情報をご紹介しています。

No.513の広告はこちらからご覧いただけます!

※誌面プレビューが表示されない場合は、こちらからご覧ください。(flipHTML5サイト)

最近のトピック記事/特集

開催中・近日開催予定のイベント

10月
16
2020
風景写生のメッカ 描かれた房総展 @ 私設 房総郷土美術館
10月 16 2020 – 12月 26 2021 終日

岩井弥一郎「初秋の犬吠岬を望」

  • 10時〜16時、金・土・日曜のみ開館、1〜2月、6〜9月は休館

房総各地をモチーフとして昭和初期から後期に描かれた油彩画を主に水彩、日本画を加え36点展示する。描かれた主な地:布良、白浜、江見、太海、鵜原、勝浦、御宿、大原、九十九里、銚子、我孫子、三里塚、千葉、浦安/主な出品作家:板倉賛治、高橋虎之助、野村光司、岩井弥一郎、丹野良輔、有岡一郎、富田通雄、広本季与丸、志村一男、長谷川善四郎

*498号掲載

4月
2
2021
陶磁器展「名工たちの色とかたち」 @ SGT美術館
4月 2 – 8月 29 終日
  • 10時〜17時、火・水・木曜休館

SGT美術館が収蔵する近代日本で活躍した陶芸家の作品を約30点展示する。出品作家:富本憲吉、北大路魯山人、金重陶陽、河井寛次郎、清水六兵衛、三輪休和、濱田庄司、樂吉左衛門、藤原雄、永楽善五郎ほか

*511号掲載
*512号掲載
*513号掲載

6月
8
2021
錦絵新聞の世界 @ 菱川師宣記念館
6月 8 – 9月 5 終日

〜明治のおもしろ珍事件が浮世絵になった〜

  • 9時〜17時、月曜休館

明治に入ると西洋からありとあらゆる文物が流入してくるが、『新聞』もそのひとつだった。明治3年に活版印刷と洋紙を用いた初の日刊紙「横浜毎日新聞」が刊行された。さらに明治5年に「東京日日新聞」、「郵便報知新聞」などが誕生している。いずれも、ふりがなや絵もなく、漢文漢語の読める知識人向けで、一般大衆には読みにくいものであった。
そこでかな文字が読める程度の庶民向けに登場したのが『錦絵新聞』。新聞社の発行した日刊紙の記事をもとに、戯作者や講談師などの手を経て読み聞かせてわかりやすい文章に仕立て直し、絵師が木版画浮世絵に仕上げたものだ。
明治7年、東京の版元「具足屋」により東京日日新聞の記事を題材に、浮世絵師の落合芳幾の錦絵にふりがなつきの解説文を添えて錦絵版「東京日日新聞」が発行される。たちまち人気を呼び、歌川国芳の門下で芳幾の後輩であった月岡芳年が起用された郵便報知新聞も売り出された。さらに大阪や京都の版元から錦絵新聞が発行され、約40種もの錦絵新聞が続々と誕生した。錦絵新聞のブームは明治10年の西南戦争の頃までのわずかな期間だった。錦絵より作成に時間のかからない単色刷りの挿絵を組み合わせた小新聞が発行され、錦絵新聞はほとんど姿を消していった。
錦絵新聞は、新聞の記事の中から珍しい事件をピックアップして、これを錦絵にしたもので、ゴシップ・ジャーナリズムの媒体となり、それまで新聞に縁のなかった一般大衆に受けた。今でいえばさしずめ写真週刊誌やテレビのワイドショーにも通ずるものだろうか。
錦絵新聞でとりあげられた題材は殺人、情痴、美談、怪談などが多かった。「墓から生き返った酔っ払い」「妖怪三つ眼入道現る」のように市井の人々が興味をもつ話題を、迫力ある構図の図柄と名調子の文章で伝えたのである。
今回の展覧会では、落合芳幾が担当した東京日日新聞、月岡芳年による郵便報知新聞等35点が展示されている。錦絵としての価値もさることながら、明治初頭の庶民を楽しませた貴重な史料でもある。

*512号掲載

6月
15
2021
風鈴展 @ 館山野鳥の森
6月 15 – 8月 20 終日
  • 9時〜16時30分

館山市在住の陶芸家、福島久美子さんが作製した貝殻模様や魚や波の柄が入った陶製の風鈴を200点、展示販売する。風鈴はどれも2000円(税込)。

*513号掲載
*514号掲載

6月
19
2021
海と人と鯨と 飯田裕子写真展①「鯨とワタシたち」 @ カフェわだぱん
6月 19 – 9月 6 終日
  • 9時〜20時、火・水曜定休

写真家の飯田裕子さんが南房総市の3か所を会場に、房総と太平洋上のオセアニアの島々に続いてきた、海と人との関わりをテーマにした写真展を開く。各会場ではギャラリートークやライブ、ワークショップなどが行われる。
飯田さんは日本各地、世界の旅とドキュメンタリーをテーマに、各地域の環境から生まれた衣食住、職人世界など多岐にわたる取材をし、ポリネシアやメラネシアの島国、亜熱帯島嶼世界などの撮影をライフワークにしている。
「鯨とワタシたち」は現在も捕鯨が続けられている和田のカフェを会場に、1998年と2007年に捕鯨船に乗船し取材撮影した秘蔵写真を中心に、親子鯨の写真が展示される。6月19日(土)13時30分からは鯨に想いを馳せるギャラリートーク、20日(日)17時30分から深津純子さんとジョン・グレゴリーさんによるライブ(ライブチャージ有り)が開催される。

海と人と鯨と 飯田裕子写真展は、他の2会場でも開催

②「楽園創生〜南太平洋の島々〜」

  • 7月22日(木・祝)〜9月26日(日)10時〜17時 ※日曜日は16時まで、火・水・木曜休館
  • 会場:白浜海洋美術館(南房総市白浜町白浜628-1 電話 0470-3‌8-4551)

③「遠くのハワイと近くのイワイ」

  • 7月31日(土)〜8月31日(火)10時〜18時、日曜定休
  • 会場:岩井駅前交流拠点boccs(南房総市市部125-1‌3 電話 0470-2‌9-3958)

*511号掲載
*512号掲載
*513号掲載

7月
1
2021
海猫堂のART Tシャツ展 @ ギャラリー&ショップ海猫堂
7月 1 – 8月 31 終日
  • 10時〜17時

アーティストによる1枚だけの手描きTシャツ、手作りTシャツが勢揃いする。出品作家:みうらし〜まる、山口マオ、喜多村紀、小川恵美子、山内新、もかや、今井俊、hay flower、あおきさとみ、出羽律子ほか

*514号掲載

7月
10
2021
収蔵資料展「楽しいもじ」 @ 館山市立博物館本館
7月 10 – 9月 20 終日

館山市立博物館では、夏休みに子どもたちが展示資料に興味を持ち、街に出て観察するきっかけとなる企画展を開催している。これまで動物や模様をテーマにしてきた。
今回は、「文字」という切り口で、身近な生活の場面に登場するものから時代も種類も様々な資料が展示される。色や形、大きさなどのデザインを楽しめる内容となっている。展示は「お店と看板のもじ」「はんこと印刷のもじ」「おしゃれと目印」「書を楽しむ」「デザインいろいろ」の5つのカテゴリーに分けられる。昔懐かしい駅名標や看板、通い徳利、半てん、護符や霊符、戦国時代の武将の書状など文字自体に着目した資料は多岐にわたる。
なかでも焼印や御朱印などのスタンプ、缶詰製造に使う銅版型抜きなどといった文字のモールド(型)やフォーム(形、形態)に着目した道具は殊に興味深い。
昨年度で閉校した市立第三中学校が20周年を迎えた際、校庭に描かれた人文字の航空写真も「楽しいもじ」のひとつだ。文字や書を楽しむというテーマに合わせて、博物館から依頼を受けた安房高校書道部の生徒による作品が展示される。
そして昨年まで館山市と連携して文化財のデジタルアーカイブ化と活用に取り組んできた、千葉大学デザイン文化計画研究室から今回の展示へのコラボ希望があり、大漁の祝い着「万祝」のデジタルデータを活用したレプリカ型紙と、それを使って職人に制作してもらった万祝も展示される。
7月18日(日)は10時と13時30分から、千葉大学デザイン文化計画研究室によるワークショップが行われる。万祝の文字に着目して製作された型紙を使って簡単なプリント体験を行い、オリジナルのハンカチやハガキを作る。詳しくは電話でお問い合わせください。
期間中、会場では展示資料の撮影が可能だ。気に入った文字にハッシュタグ「#楽しいもじ」「#もじー1グランプリ」をつけてSNSに投稿する「あなたのもじー1グランプリ」も実施される。

*513号掲載

7月
13
2021
インドネシアの蔦編み工芸品「アタ」展示販売会 @ 田中惣一商店
7月 13 – 8月 16 終日
  • 8時〜18時、不定休

インドネシアに古くからある手編みの工芸品「アタ」を展示販売する。シダ科の蔓植物アタの長い茎の部分を細い糸にして編み込み、それをココナッツの殻で燻すことにより光沢のあるアメ色に仕上がっている。インドネシア在住の大島森絵さんセレクトのバッグやグッズを用意している。

*513号掲載
*514号掲載

7月
17
2021
スイカ夏展3 @ shirokuro-art
7月 17 – 8月 31 終日
  • 12時~18時、水曜定休

タイトルのスイカ以外に海など夏をテーマにした作品を展示する。ジャンルはイラスト、雑貨やアクセサリーのハンドメイド作品など。

出品作家:KANATSUKI、きりん燈、仔象舎、坂田仁、佐藤芳美、ふぁんしすたぁ、UNF、myko、Luv2m、romi windほか

*513号掲載
*514号掲載

収蔵資料展「イカ展」 @ 千葉県立中央博物館分館海の博物館
7月 17 – 9月 5 終日
  • 9時〜16時30分、月曜休館 ※8月9日(月・振休)は開館、10日(火)休館

日本人が一人あたり年間約1㎏食べていると言われている「イカ」。夏になると食卓をにぎわすスルメイカは漁獲量の減少が心配されている。
イカは馴染み深い食材のひとつ。日本近海では約140種が知られており、いろいろな形の変わったイカがある。そんなイカの興味深い生態を収蔵資料の中から選び出して紹介しているのが今回の「イカ展」。海の博物館とっておきの標本30種40点が勢揃いする。
イカのほかにタコの標本も展示される。イカはタコとともに、貝類と同じ軟体動物門のうち、頭足類と呼ばれるグループに分類される。絶滅したあのアンモナイトも頭足類の仲間だ。頭足類は頭部に足を持つと学術的に解釈されているため、イカを縦長に表示する際は足がある方を上に配置しているので、博物館のチラシで確認してみよう。
頭足類に含まれ、十腕形類に属するイカは八腕形類に属するタコより2本多い腕(正確には足)を持つが、それは捕食用の伸縮自在な触腕として、タコと区別される。さらにイカは体に石灰質の「甲」を持つコウイカ類や、体が細長くて「甲」を持たないツツイカ類などに分類される。
イカは本来の心臓のほかに、一対の鰓(えら)の付け根に1つずつ、計3つの心臓があるという。無脊椎動物の中では発達した目を持ち、狙った餌を触腕で捉える。
千葉県の近海では珍しいイカが見つかっている。館山沖では深海に住むサメハダホウズキイカ、勝浦沖では細長い体と目の周りに発光器が並んでいるユウレイイカが確認された。勝浦沖で採集されたダイオウイカの幼体は世界的にも珍しいという。
今回の展示では、幼体のダイオウイカと大人の標本とがセットで並べられている。また世界最小のイカであるヒメイカは生きた姿で展示される。

*514号掲載

沖ノ島・サンゴに出会えるシュノーケリング体験 @ 沖ノ島(館山市富士見)沖ノ島国定公園看板近くの受付テント
7月 17 – 8月 31 終日
  • 10時〜12時30分、13時30分〜16時※開始30分前までに集合する。8月13日(金)~15日(日)の3日間は開催無し

沖ノ島の南側または北側にてフローティングベスト、マスク・シュノーケル・フィンの使い方を浅瀬で練習する。できるようになったら海の中の観察に向かい、サンゴ、魚と身近に触れ合う。小学4年生未満は保護者同伴で参加。水着(長袖Tシャツ、長ズボン着用、スイムウェア尚可)。マリンシューズ・手袋(軍手など)を持参。要事前申込。

*513号掲載
*514号掲載

7月
22
2021
海と人と鯨と 飯田裕子写真展②「楽園創生〜南太平洋の島々〜」 @ 白浜海洋美術館
7月 22 – 9月 26 終日
  • 10時〜17時 ※日曜日は16時まで、火・水・木曜休館

写真家の飯田裕子さんが南房総市の3か所を会場に、房総と太平洋上のオセアニアの島々に続いてきた、海と人との関わりをテーマにした写真展を開く。各会場ではギャラリートークやライブ、ワークショップなどが行われる。
飯田さんは日本各地、世界の旅とドキュメンタリーをテーマに、各地域の環境から生まれた衣食住、職人世界など多岐にわたる取材をし、ポリネシアやメラネシアの島国、亜熱帯島嶼世界などの撮影をライフワークにしている。
「楽園創生〜南太平洋の島々〜」は、海の工芸美術を展示する美術館を会場に、2018年に京都のロンド・クレアントで開催した「楽園創生」展に出品したプリントが並ぶ。ライフワークとして撮影を続けてきたポリネシアは、人類移動史で難関の海をカヌーで超えた勇敢な人々の島々だ。

海と人と鯨と 飯田裕子写真展は、他の2会場でも開催

①「鯨とワタシたち」

  • 6月19日(土)〜9月6日(月)9時〜20時、火・水曜定休
  • 会場:カフェわだぱん(南房総市和田町柴215 電話 080-3558-9308)

③「遠くのハワイと近くのイワイ」

  • 7月31日(土)〜8月31日(火)10時〜18時、日曜定休
  • 会場:岩井駅前交流拠点boccs(南房総市市部125-1‌3 電話 0470-2‌9-3958)

*511号掲載
*512号掲載
*513号掲載

田中賢二 藍の世界 @ ギャラリーsfk
7月 22 – 8月 9 終日

11時〜16時、火・水休廊

八ヶ岳麓で自然発酵による本藍染の工房を構える田中賢二さんの個展。国内のみならず海外での個展などで高く評価されている。人類最古の染料である藍と向き合い続けたわざによる妙味を是非とも。

*513号掲載
*514号掲載

7月
24
2021
鴨川サイクルロゲイニング 鴨川夏ロゲ2021 @ 発着地:鴨川市総合運動施設文化体育館
7月 24 – 8月 31 終日
  • 9時30分集合、スタート10時、ゴール13時※制限時間3時間
  • 募集人数/各日20名まで

ロゲイニングは地図をもとに時間内にチェックポイントをまわり得点を集めるスポーツ。スタート・ゴールの鴨川市総合運動施設文化体育館で渡される地図をもとに、移動手段は自転車で、観光地など十数カ所のチェックポイントを巡り、指定の風景をデジタル写真で撮影して帰ってくる。最終日に参加者全員の中から獲得ポイントで入賞者が決定する。参加申込み方法は、ウェブで「鴨川夏ロゲ2021」を検索し、スポーツエントリーのサイトから申し込む。参加前日まで申込み可能。移動手段の自転車のレンタサイクル(有料・要事前申込み)もある。この夏、ぜひチャレンジしてみては。

*512号掲載

7月
27
2021
鋸南町カメラ同好会 写真展 @ 道の駅きょなんギャラリー
7月 27 – 8月 15 終日
  • 9時〜17時、月曜休館

前半・後半に分け、テーマを変えて作品を入れ替える。8月5日までは自由作品、8月6日からは「ステキな鋸南町」をテーマにした写真が並ぶ。

*514号掲載

全てのイベントをチェックする

Back to Top