コンテンツへジャンプ

最新号:CLIP No.532(2022.5.14発行)

今回は、浅井純介 陶展、「船大工の世界」上映会、ふれあい神余の里マルシェなどイベント情報をご紹介しています。

No.532の広告はこちらからご覧いただけます!

※誌面プレビューが表示されない場合は、こちらからご覧ください。(flipHTML5サイト)

最近のトピック記事/特集

開催中・近日開催予定のイベント

3月
4
2022
Tonmanミニ原画1‌0‌0点展 @ 安房暮らしの研究所内gallery2×2
3月 4 – 5月 29 終日
Tonman「花畑」

Tonman「花畑」

  • 12時〜20時、金・土・日曜のみ営業

白浜町に在住のTonmanさんの約3年ぶりとなる個展。2009年より東京、湘南、千葉等で個展を開催、2020年に小冊子「海辺のスローカフェ南房総」を発行した。ミニサイズの原画100点を展示販売する。

*527号掲載
*528号掲載
*529号掲載

3月
18
2022
房総が生んだモダニズムの日本画家 酒井亜人展 @ 私設 房総郷土美術館
3月 18 – 6月 5 終日
酒井亜人「早春」

酒井亜人「早春」

10時〜16時、金・土・日曜のみ開館

大網出身の酒井亜人の作品38点を展示する。酒井は安田靫彦に師事、モダンで斬新な日本画を描き続け、主に日本美術院展を舞台に著しい活躍をした。

*528号掲載
*529号掲載

4月
16
2022
館山市立博物館 新収蔵資料展 @ 館山市立博物館
4月 16 – 6月 5 終日
  • 9時〜16時45分、月曜休館※5月2日(月)は開館

市内外からの寄贈などにより、前年度新たに収蔵された30件2800点の中から約150点の資料を展示する。
展示は「ちょっと昔の暮らし」「懐かしの商店」「交通と観光」「戦争の足跡」「地域の歴史」「ゆかりの人物」「八犬伝いろいろ」の7つのカテゴリーに分けられる。
館山地区仲町の山車幕、房州出身のハリウッドスター・早川雪洲の絵画「牡丹」、いとう屋商店の紙袋など、興味深い資料が並ぶ。

*531号掲載
*532号掲載

4月
17
2022
いにしへ そして 現在(いま) 岩波昭彦の世界 @ 鋸山美術館
4月 17 – 11月 6 終日
岩波昭彦「雷神 タケミカヅチ」

岩波昭彦「雷神 タケミカヅチ」

  • 10時〜17時、火曜休館

日本画家・岩波昭彦さんの2回目となる個展。ニューヨークを中心とした「都市の肖像」シリーズ、そして神話の世界に新しい表現の探求を続けている。過去の主要作品と新作を展示する。今回は特別に香取神宮所蔵の神話を描く「岩戸開」などの貴重な作品の数々も合わせて展示する。

*532号掲載

 

トビラの向こう側 ―日本画 これから― @ 鋸山美術館
4月 17 – 11月 6 終日
佐藤龍生「出づる(ユキヒョウ)」

佐藤龍生「出づる(ユキヒョウ)」

  • 10時〜17時、火曜休館

現代日本画壇で新進気鋭の若手作家たち4人が挑む人物、風景、動物、静物などのさまざまなジャンルに焦点を当てた展覧会を開催。出品者:岩井尚子、海東祐子、佐藤龍生、髙橋まり子

*532号掲載

 

4月
26
2022
館山城写真展 お城から南房総まで、ぐる〜っと! @ 館山城2階特設展示場
4月 26 – 6月 30 終日
  • 9時〜16時45分、月曜休館

房陽クラブ、南房光陽会、安房写真クラブ、全日本写真連盟館山支部の4団体からなる館山写真連盟による写真展。連盟に所属している会員らが撮りためた写真から地域の魅力を選り抜いたシーン115点、「お城と城山公園」「館山市の情景」「南房総の情景」のテーマで発信する。

*532号掲載

4月
29
2022
麗しのうるし展 @ SGT美術館
4月 29 – 8月 28 終日
  • 10時〜17時、火・水・木曜休館

江戸時代から近代までの漆器の数々を展示する。江戸時代の絵師・酒井抱一と蒔絵師・原羊遊斎のコラボによる絵替わり高坏、近代漆芸家の佐治賢使、小松芳光による高坏、旧宮家や大名家が所有していたとされる料紙箱や重箱、花入れなどが並ぶ。

*532号掲載

5月
14
2022
ビーチクリーン&まるごみ情報(2022年5月〜6月)
5月 14 – 6月 26 終日

ビーチクリーン、まるごみのボランティアを募集。参加希望者は作業用手袋を持参して、当日現地に集合してください。

ビーチクリンナップ&ダンス

  • 5月14日(土)10時30分〜15時
  • 集合場所:平砂浦貝ひろば

まるごみ白浜

  • 5月22日(日)9時〜10時
  • 集合場所:野島埼灯台前広場

たてやまビーチクリーンボランティアネットワーク

  • 5月22日(日)9時〜10時
  • 集合場所:川名海岸

どんどん川河口付近を清掃する。

まるごみ館山

  • 6月4日(土)9時〜10時
  • 集合場所:館山市中央公園

館山駅周辺を清掃する。

まるごみ白浜

  • 6月26日(日)9時〜10時
  • 集合場所:野島埼灯台前広場

*532号掲載

5月
19
2022
橋本芳久 写真展 @ ギャラリーsfk
5月 19 – 6月 13 終日
  • 11時〜16時、最終日は15時まで、火・水曜休廊

館山市に在住の橋本芳久さんの写真展。「ライカを手にヨーロッパの自然と街並み、歴史と文化を写そうとシャッターを切った」写真を展示する。

*532号掲載

5月
22
2022
コロポックルーム作品展「碧い世界」 @ 岩井駅前交流拠点boccs
5月 22 – 6月 12 終日
  • 9時〜17時、不定休

南房総市在住の貼り絵作家Poccuru(ポックル)が描いてきた「碧い世界」シリーズの原画展。「碧色」をテーマにしたアート作品やグッズ、手づくりアクセサリーなどを展示販売する。

*532号掲載

5月
27
2022
「大海原のソングライン」上映会 @ 岩井駅前交流拠点boccs
5月 27 終日
  • 10時〜12時(会場+オンライン)、13時30分〜15時30分(会場)、19時〜21時(オンライン)

東は太平洋のイースター島、西はインド洋のマダガスカルに至るまで、16の島国に残る伝統的なパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリーを上映する。上映後は感想をシェアする対話の会あり(希望者のみ)。

*532号掲載

第63回水石(愛石)展 @ 南総文化ホールギャラリー
5月 27 – 5月 29 終日
  • 9時〜16時、初日は10時〜、最終日は15時まで

房総鴨川石友会の会員が、全国の川、海、山等で収集した愛蔵石を30石程展示する。

*531号掲載
*532号掲載

5月
28
2022
ホケキョ影絵芝居『砂影じじいの昔話』 @ 南総文化ホール練習室
5月 28 @ 15:00 – 16:00
  • 5月28日(土)15時〜16時

砂で描いた絵を上部からビデオカメラで撮って、同時にプロジェクターでスクリーンに映す。砂の絵をいろいろに変化させながら、物語が進行する。今回は、幼児・小学校低学年を主な対象にした話を2本。もちろん、大人も十分に楽しめる内容となっている。

*532号掲載

5月
29
2022
アンティーク市&リ・サイクル市 @ アンティークホテルら・みらどーる敷地内
5月 29 – 5月 30 終日

新品、高級ブランドの商品などが並べられる。

*532号掲載

山小屋の解体移築でセルフビルド・ワークショップ @ 樹々山農園
5月 29 @ 10:00 – 15:00

台風で被災した山小屋の解体移築にともない、セルフビルドのワークショップを開講する。極力現地の木材を利用し伐採・搬出・加工を自力で行う。チェーンソーなど限られた機材を使う。毎月開催し、約半年で移築完成する予定。

*532号掲載

全てのイベントをチェックする

Back to Top