コンテンツへジャンプ

最新号:CLIP No.499(2020.11.28発行)

今回は、大山千枚田棚田のあかり、ホケキョ影絵芝居「桃の浮舟」、FKT Nokogiriーyama 鋸山縦走チャレンジなどイベント情報をご紹介しています。

No.499の広告はこちらからご覧いただけます!

※誌面プレビューが表示されない場合は、こちらからご覧ください。(flipHTML5サイト)

最近のトピック記事/特集

開催中・近日開催予定のイベント

10月
1
2020
千葉県と疫病くり返す脅威 @ 千葉県文書館1階展示室
10月 1 2020 – 3月 6 2021 全日

9時〜17時、日曜・祝休日・毎月末平日・年末年始(12月28日〜1月3日)休館

江戸時代の終わり頃からくり返し房総地域に襲来していた疫病に、当時の行政や県民はどう対応していたかを、残された古文書・公文書からたどる。

*497号掲載

小さな一輪挿し展「秋・冬」 @ 館山野鳥の森ふれあい野鳥館
10月 1 – 12月 25 全日
  • 9時〜16時30分

陶芸家の福島久美子さんが作製したクリスマスや正月に飾る一輪挿しなどを展示販売。

*498号掲載
*499号掲載

10月
10
2020
大山千枚田 棚田のあかり @ 大山千枚田
10月 10 2020 – 1月 4 2021 全日
  • 17時〜20時頃

「日本の棚田百選」にも選ばれている大山千枚田を舞台に、LEDライト1万本によるライトアップイベント「棚田のあかり」が開催されている。1万本のうち、6千本は15分毎に橙・青・緑・紫と4色に変化する。幻想的な景色が広がる棚田の夜景を楽しんでみては。
車で来場の方は大山千枚田下側駐車場に。

*497号掲載
*499号掲載

10月
16
2020
風景写生のメッカ 描かれた房総展 @ 私設 房総郷土美術館
10月 16 2020 – 12月 26 2021 全日

岩井弥一郎「初秋の犬吠岬を望」

  • 10時〜16時、金・土・日曜のみ開館、1〜2月、6〜9月は休館

房総各地をモチーフとして昭和初期から後期に描かれた油彩画を主に水彩、日本画を加え36点展示する。描かれた主な地:布良、白浜、江見、太海、鵜原、勝浦、御宿、大原、九十九里、銚子、我孫子、三里塚、千葉、浦安/主な出品作家:板倉賛治、高橋虎之助、野村光司、岩井弥一郎、丹野良輔、有岡一郎、富田通雄、広本季与丸、志村一男、長谷川善四郎

*498号掲載

10月
29
2020
4人の恩師と田村洋子展 @ ギャラリーsfk
10月 29 – 11月 30 全日
  • 11時〜16時、火・水曜休廊

南房総市で活躍する書家の田村洋子さんと恩師4人の作品展。出品者:佐藤辰、平山観月、秋元梢風、鈴木石瓯子、田村洋子

*497号掲載
*498号掲載
*499号掲載

11月
1
2020
海猫堂のおもしろマスク展 @ ギャラリー&ショップ海猫堂
11月 1 – 12月 15 全日
  • 10時〜17時、水曜定休

13名のアーティストによる手作りマスク、ARTマスクを展示販売する。

*498号掲載
*499号掲載

11月
6
2020
館長が選んだ日本画小品展 @ SGT美術館第2展示室
11月 6 2020 – 3月 28 2021 全日
  • 10時〜17時、火・水・木曜休館

SGT美術館収蔵の近代日本画の小品25点を展示する。主な出品作家:横山大観、上村松園、川合玉堂、福田平八郎、山口華楊、伊東深水、小野竹喬、池田遙邨、奥田元宋、川崎小虎など

*499号掲載

11月
10
2020
房総を描き続けてー 溝口七生展 @ 菱川師宣記念館
11月 10 2020 – 1月 24 2021 全日

溝口七生「流木」

  • 9時〜17時※月曜休館(祝日の場合は翌火曜)、年末年始(12月28日〜1月3日)1月4日(月)は開館

房総の油彩風景画を多く発表し、また鋸南町の美術発展にも尽力した溝口七生さんの作品展。光陽展や千葉県展に出品し受賞した大作を中心に、寄贈を受けた作品13点を紹介する。

*498号掲載
*499号掲載

11月
13
2020
ギャラリーコレクション展 @ ギャラリーMOMO
11月 13 – 11月 30 全日

西永芙沙子 「燦々」

  • 12時〜17時、火・水・木曜休廊

長年、東京でギャラリーの運営をし、多数の作家の作品を取り上げ広く紹介してきたギャラリーMOMOのオーナーが所有する作品のなかから、日本画、水彩画、ミックス技法などの秀品、民芸的なオリジナル版画の小品などを展示し、特別価格で販売する。

*498号掲載
*499号掲載

11月
25
2020
時事問題ユーチューブ視聴会 @ 館山市コミュニティセンター第1集会室
11月 25 – 12月 16 全日

①11月25日(水)②12月16日(水)いずれも13時30分〜

防衛ジャーナリスト・半田滋さんの映像視聴会を開催して、集団的自衛権や自衛隊、改憲などを考える。定員75名。①と②は内容が異なるので、問い合わせを。

*498号掲載
*499号掲載

12月
1
2020
シロクロクリスマス展 @ shirokuro-art
12月 1 – 12月 31 全日
  • 12時~18時、水曜定休

クリスマスとスイーツをテーマにした公募展を開催する。作品募集もしている。詳しくはホームページで。

*499号掲載

田中曜子作品展 @ ギャラリー葉葉
12月 1 – 12月 13 全日
  • 11時〜16時、水曜休廊

木の実、枝、蔓、貝殻など自然の素材から生まれた妖精と小さな刺繍の作品を展示販売する。ギャラリー葉葉では、銅版画家の長野順子さんの来年のカレンダー「季節の贈り物」(一部750円)も販売している。

*498号掲載
*499号掲載

12月
2
2020
シーマキャンプ場で 蜜ロウ採り @ シーマキャンプ場
12月 2 @ 13:00

希少価値が高く、キャンドル、ハンドクリーム、石鹸作りに最適な日本みつばちの蜜ロウを採る体験をする。

*499号掲載

12月
3
2020
八人展 @ ギャラリーsfk
12月 3 – 12月 27 全日
  • 11時〜16時、火・水曜休廊

南房総で創作活動をする異なるジャンルの作家8名が集まり、前期と後期のグループに分けて展示する。前期(12月3日〜14日):出口洋(彫金)、小滝正治(陶芸)、須田慧(漆芸)、頴川麻美子(日本画)、後期(12月17日〜27日):本良樹(木工)、戸部義盛(陶芸)、西木俊土(陶芸・絵画)、田中曜子(木の実アート)

*499号掲載

12月
11
2020
渡辺禎雄 型染め版画展 @ ギャラリーMOMO
12月 11 – 12月 21 全日

渡辺禎雄「ノアの方舟」

  • 12時〜16時、火・水・木曜休廊

世界的版画家として知られ、海外にも愛好家の多い渡辺禎雄の作品展。小品からオリジナル大判作品、貴重な型紙を展示する。

*499号掲載

全てのイベントをチェックする

Back to Top