コンテンツへジャンプ

最新号:CLIP No.496(2020.10.10発行)

今回は、吉良康矢「Kira Koya Rd」原画展、風のあと咲き 復興コンサート、カリフォルニア森林火災義援金受付中などイベント情報をご紹介しています。

No.495の広告はこちらからご覧いただけます!

※誌面プレビューが表示されない場合は、こちらからご覧ください。(flipHTML5サイト)

最近のトピック記事/特集

開催中・近日開催予定のイベント

9月
5
2020
山口マオ新作展 @ 海猫堂
9月 5 – 10月 31 全日
  • 10時〜17時、水曜定休

「海猫堂」の店主で、イラストレーター・山口マオさんの新作展を開催。今年5月に連載を終えた「ぐるっと千葉」の最終回の原画、名刺サイズからA3サイズまでの紙に幻想的な世界を表現した水彩画や版画の新作22点が並ぶ。

*495号掲載

9月
8
2020
菱川師宣記念館 新収蔵品展 @ 菱川師宣記念館
9月 8 – 11月 1 全日
  • 9時〜17時、月曜休館(祝日の場合は翌日休館)

保田の縫箔師の家に生まれた浮世絵師・菱川師宣の墨絵の「昇り龍図」と父吉左衛門の刺繍画「柿本人麻呂像」の寄贈を受け、父子両作品を同時公開する。さらに大正期、文人・歌人や画家が移住した保田にもスポットをあて、寄贈を受けた石原純・原阿佐緒、金森南耕、山内多門らの作品を展示する。江戸と大正の二つの時代から保田の魅力を紹介する。

*495号掲載

9月
19
2020
ハッピーハロウィン クイズ・ゲームラリー2020 @ 道の駅ローズマリー公園特設会場
9月 19 – 10月 31 全日
  • 10時〜15時、9月30日(水)休館

クイズやゲームに挑戦してフォトスポットへ進むと、景品がもらえる。

*495号掲載

10月
1
2020
ウガンダコーヒー月間キャンペーン2020
10月 1 – 10月 31 全日

1994年から26年にわたる安房地域の高校生たちの国際貢献活動は、ウガンダへの支援と交流によって続けられている。旧安房南高校に始まり、安房高校を経て、現在は安房西高校のJRC(青少年赤十字)部が引き継いでいる。これまで洋裁学校の建設や、クラウドファンディングで中古車を寄付するなどの活動をしてきた。2018年より10月はウガンダコーヒー月間として、安房地域内の協賛店舗でウガンダコーヒーを提供・販売するキャンペーンを展開している。今年も実施され、26店舗が協賛する。コーヒーの愛飲による支援金は、NGOウガンダ意識向上協会を通じて、ウガンダの支援などに役立てられる。詳しくは問い合わせを。

*495号掲載

シロクロハロウィン展2 @ shirokuro-art
10月 1 – 10月 31 全日
  • 12時~18時、水曜定休

ハロウィンをモチーフにした展示会。作品は可愛いものからホラーを感じさせる作品まで様々。作品募集もしている。絵やハンドメイドなどジャンルは問わない。締切は9月28日(月)。詳しくはホームページで。

*495号掲載

小出一彦 写真展 @ ギャラリーsfk
10月 1 – 10月 26 全日

11時〜16時、火・水曜休館

房日新聞に連載の「鏡ヶ浦出船入り船」に読者投稿を続けている小出一彦さんの写真展。房日新聞社の忍足利彦さんによる賛助出品もある。

*495号掲載

10月
9
2020
吉良康矢「Kira Koya Rd」原画展 @ 鋸南エアルポルト
10月 9 – 11月 8 全日
  • 平日10時〜17時開館、土・日曜の臨時開館もある

館山市在住の吉良康矢さんがウガンダにあるキラ・ロードと周辺の路上風景を空想して、すべて一筆書きでスケッチしたイラストブック「Kira Koya Rd」の原画を34点展示する。イラストブックや旅の写真集、一筆書きで刺繍したTシャツを販売する。会場管理人の不在時もあるので連絡を。

関連イベント
ウガンダはどんなところ?

  • 10月18日(日)14時〜
  • 参加費:1000円(ウガンダコーヒー代込み)

安房地域でウガンダコーヒー月間のキャンペーンを展開し、ウガンダへの支援を続ける安房文化遺産フォーラムの粕谷智美さんを呼んでトークライブを開催する。まだ海外渡航がむずかしい今、アフリカに思いを馳せてみませんか。

*496号掲載

望月純近作展「ワイルドでいこう!」 @ ギャラリーMOMO
10月 9 – 10月 26 全日

望月純「ヨル・カイコウ・アオ・エゴ」

  • 12時〜17時、火・水・木曜休廊

南房総市和田町在住の望月純さんの個展。千葉市の知的障害者福祉施設「まあるい広場」の工房で手漉きした紙を主な素材とした、立体的なコラージュ作品を中心に大小25点ほどを展示する。初日、土、日曜日、最終日は作家が在廊する。

*496号掲載

10月
10
2020
大ホールでスタインウェイを弾いてみませんか @ 南総文化ホール大ホール
10月 10 – 11月 29 全日
  • 10月10日(土)から11月29日(日)までの土・日曜と11月3日(火・祝)※11月7日(土)は利用不可、9時〜17時までの1時間毎、最大連続2時間まで
  • 対象:小学生以上/利用料金:1時間1000円/事前に電話で要予約。

*496号掲載

10月
24
2020
風のあと咲き 復興コンサート @ 道の駅ローズマリー公園シェイクスピア・シアター、道の駅とみうら枇杷倶楽部アトリウム
10月 24 – 10月 25 全日
  • 10月24日(土)13時〜
    会場:道の駅ローズマリー公園シェイクスピア・シアター
  • 25日(日)15時〜
    会場:道の駅とみうら枇杷倶楽部アトリウム

ル・ファーレ復興ソングプロジェクト代表の山口惠子さんが、房総の花農家をモデルにしたラジオドラマ「風のあと咲き」の音楽を担当(NHK FM10月24日(土)22時〜22時50分放送)。放送を記念してメインテーマや挿入歌などを演奏するコンサートを開催する。出演:山口惠子、ゲスト:網代芳明、KEI他。

*496号掲載

10月
25
2020
童謡コンサート @ 道の駅ローズマリー公園シェイクスピア・シアター
10月 25 @ 13:30
  • 開場13時、開演13時30分

曲目:荒城の月、待ちぼうけ他。出演:栗原けい子、紀野洋孝、岡部裕美、千倉童謡教室、めぐみ会合唱団

*496号掲載

10月
28
2020
白熊勝美版画展 @ 枇杷倶楽部ギャラリー
10月 28 – 11月 3 全日

白熊勝美「カンナ」

  • 11時〜16時、最終日は15時まで

40歳の頃から版画を始めた白熊勝美さんが陰刻・陽刻法の木版を主体に、30年間制作した作品の中から展示する。蜜蝋を使った蜜蝋版画や、南房学園陶芸科で学んだ陶板画も展示する。

*496号掲載

全てのイベントをチェックする

Back to Top