コンテンツへジャンプ

南房総イベントカレンダー

クリップに掲載されたイベント記事のほか、地域のイベントを日付順に表示しています。
リスト形式/月別・週別・日別スケジュールの各表示に切り替えられます。

気になったイベントは、「詳細を見る」ボタンをクリック!
ツイッター、facebookを使えば、友達を誘うのもカンタン!

10月
16
2020
風景写生のメッカ 描かれた房総展 @ 私設 房総郷土美術館
10月 16 2020 – 12月 26 2021 終日

岩井弥一郎「初秋の犬吠岬を望」

  • 10時〜16時、金・土・日曜のみ開館、1〜2月、6〜9月は休館

房総各地をモチーフとして昭和初期から後期に描かれた油彩画を主に水彩、日本画を加え36点展示する。描かれた主な地:布良、白浜、江見、太海、鵜原、勝浦、御宿、大原、九十九里、銚子、我孫子、三里塚、千葉、浦安/主な出品作家:板倉賛治、高橋虎之助、野村光司、岩井弥一郎、丹野良輔、有岡一郎、富田通雄、広本季与丸、志村一男、長谷川善四郎

*498号掲載

11月
6
2020
館長が選んだ日本画小品展 @ SGT美術館第2展示室
11月 6 2020 – 3月 28 2021 終日
  • 10時〜17時、火・水・木曜休館

SGT美術館収蔵の近代日本画の小品25点を展示する。主な出品作家:横山大観、上村松園、川合玉堂、福田平八郎、山口華楊、伊東深水、小野竹喬、池田遙邨、奥田元宋、川崎小虎など

*499号掲載
*501号掲載
*502号掲載
*504号掲載

1月
2
2021
鋸山美術館収蔵作品展〈第Ⅱ期〉「日本の自然 鋸山の文化遺産」 @ 鋸山美術館
1月 2 – 5月 16 終日

岩波昭彦「鋸山」

  • 10時〜17時、火曜休館※2月23日(火・祝)、5月4日(火・祝)は開館、2月24日(水)、5月6日(木)は休館

鋸山美術館が収蔵する四季折々の日本の風景や鋸山に関連する作品を展示する。別館として公開されている国登録有形文化財鈴木家石蔵に収められていた、鋸山関連資料ならびに地域の文化財も同時に観覧できる。画人でもあった金谷村12代名主・鈴木四郎右衛門が、江戸から明治にかけての時代に当時の文人芸術家との交流によって生まれた作品も展示する。

*501号掲載
*502号掲載

1月
16
2021
「館山芸術大使」井上文太氏vol.2 〜「自然は色で溢れている」作品展〜 @ 館山駅市民ギャラリーほか
1月 16 – 3月 15 終日

井上文太「令和八犬伝」(館山市広報「だん暖たてやま」令和2年11月号)

館山市在住で、昨年1月に館山芸術大使として委嘱された井上文太氏による作品展。井上さんは画家の金子國義氏に師事、2013年にはロックフェラー家所蔵作家となる。大関把瑠都の優勝化粧まわしのデザイン、NHK連続人形劇「新・三銃士」、「シャーロックホームズ」のキャラクターデザインなども手掛け、昨年5月から館山市広報に「令和八犬伝」の絵を提供している。
館山市観光協会・JRバス関東館山支店では、千葉県の補助金を活用し、房総なのはな号1台に井上さんがデザインしたラッピングバスの運行を始めている。
館山駅市民ギャラリーのほか、館山市観光協会東口の窓口では「令和八犬伝」の複製画の展示、井上文太グッズを販売している。

*503号掲載
*504号掲載

2月
2
2021
海猫堂のおもしろ雑貨展 @ 海猫堂
2月 2 – 3月 31 終日
  • 10時~17時(緊急事態宣言中は16時閉店)

アーティストがつくった各種布もの、木工品、日用品など様々なおもしろ雑貨を展示販売。出品作家:もかや(moca)・Emikoji(小川恵美子・田原幸二)・ウエマツナナエ・晴琉屋フン・石井範子・田中曜子・Aki Takechakoff・山内新・山口マオ・クリシュナ智子・森田MIW・ささごともみ・ワタナベヤスノリ

*503号掲載
*504号掲載

2月
27
2021
池田純夫展「記憶の構造」ネコが教えてくれたこと @ ギャラリー葉葉
2月 27 – 3月 21 終日
  • 11時〜17時

新潟県在住でネコと暮らして、その本質を表現した抽象画家・池田純夫さんの作品を展示販売する。ギャラリー葉葉による池田純夫さんの作品コレクションも同時展示する。

*503号掲載
*504号掲載

2月
28
2021
レントの会〜5人展〜 @ 南総文化ホールギャラリー
2月 28 – 3月 9 終日
  • 10時〜17時、月曜休館※初日13時〜、最終日16時まで

大久保敏之、山口雪香、黒米真理子、ベッキエリコ、今井香、5人のアーティストによる作品展。期間中、ワークショップ「イースターエッグ作り」も開催。
(6日(土)11時〜・14時〜、7日(日)14時〜、各回定員10名、申込み:0470-2‌3-1972今井香まで)。

*503号掲載
*504号掲載

3月
4
2021
桜FUKUSHIMA @ ギャラリーsfk
3月 4 – 3月 29 終日
  • 11時〜16時、火・水曜休廊

東日本大震災から10年、写真(新井克英)と絵(山鹿公子)で綴る記録と記憶を展示する。

*504号掲載

3月
11
2021
ー南房総の光と風を描いた画家ー 溝口七生 遺作展 @ 南総文化ホールギャラリー
3月 11 – 3月 23 終日

溝口七生「樹間」

  • 10時〜17時、月曜休館※最終日は15時まで

2019年に83歳で他界した溝口七生さんを偲び、有志が集まって遺作展を開催する。溝口さんは光陽会展や県展などに出品、数多くの受賞歴を持ち、光陽会千葉支部長を務めるなど、千葉県の美術界発展にも大きく貢献した。精密な写生油彩が特徴で、波と岩、砂丘、流木、廃船、樹といった房州の自然や風景を写実的に描き続けた。

*504号掲載

Back to Top