コンテンツへジャンプ

南房総イベントカレンダー

クリップに掲載されたイベント記事のほか、地域のイベントを日付順に表示しています。
リスト形式/月別・週別・日別スケジュールの各表示に切り替えられます。

気になったイベントは、「詳細を見る」ボタンをクリック!
ツイッター、facebookを使えば、友達を誘うのもカンタン!

4月
17
2022
いにしへ そして 現在(いま) 岩波昭彦の世界 @ 鋸山美術館
4月 17 – 11月 6 終日
岩波昭彦「雷神 タケミカヅチ」

岩波昭彦「雷神 タケミカヅチ」

  • 10時〜17時、火曜休館

日本画家・岩波昭彦さんの2回目となる個展。ニューヨークを中心とした「都市の肖像」シリーズ、そして神話の世界に新しい表現の探求を続けている。過去の主要作品と新作を展示する。今回は特別に香取神宮所蔵の神話を描く「岩戸開」などの貴重な作品の数々も合わせて展示する。

*532号掲載

 

トビラの向こう側 ―日本画 これから― @ 鋸山美術館
4月 17 – 11月 6 終日
佐藤龍生「出づる(ユキヒョウ)」

佐藤龍生「出づる(ユキヒョウ)」

  • 10時〜17時、火曜休館

現代日本画壇で新進気鋭の若手作家たち4人が挑む人物、風景、動物、静物などのさまざまなジャンルに焦点を当てた展覧会を開催。出品者:岩井尚子、海東祐子、佐藤龍生、髙橋まり子

*532号掲載

 

4月
29
2022
麗しのうるし展 @ SGT美術館
4月 29 – 8月 28 終日
  • 10時〜17時、火・水・木曜休館

江戸時代から近代までの漆器の数々を展示する。江戸時代の絵師・酒井抱一と蒔絵師・原羊遊斎のコラボによる絵替わり高坏、近代漆芸家の佐治賢使、小松芳光による高坏、旧宮家や大名家が所有していたとされる料紙箱や重箱、花入れなどが並ぶ。

*532号掲載
*534号掲載

6月
2
2022
海猫堂のガラス絵展 @ ギャラリー&ショップ海猫堂
6月 2 – 7月 12 終日
  • 10時〜17時、水曜定休

海猫堂では初めてのガラス絵展。約25点の作品が展示される。
ガラス絵は、額縁のガラスの裏側からアクリル絵の具や油絵の具で描き、人によってはニードルなどで引っ掻き細かい表現をする絵画だ。表側から描くのとは逆の順番で、絵を重ねたり、文字も逆に描いていくので、技術を要する。出品者:今井俊、ウエマツナナエ、小川惠美子、田原幸二、直江みちる、もかや(moca)。、望月純、山口マオ 他

*534号掲載

6月
3
2022
高橋朋子作品展「月の筺」 @ 安房暮らしの研究所内gallery2×2
6月 3 – 8月 28 終日
  • 12時〜20時、金・土・日曜のみ営業

八街市で作陶をしている高橋朋子さんの個展。金や銀の厚箔を上絵の技法と組み合わせた独自の様式と技術で表現された、普段使いの器、酒器、茶道具などが並ぶ。

*533号掲載
*534号掲載

6月
18
2022
今井香~教会を描く~ @ ギャラリー&カフェ「遊日」
6月 18 – 7月 7 終日
今井香「京都平安女学院 聖アグネス教会」

今井香「京都平安女学院
聖アグネス教会」

  • 11時~17時、最終日は16時まで、月・火曜休廊

クリスチャンの今井香さんの個展。教会堂をモチーフに、アクリル画、布コラージュやガラス絵などの作品を展示する。

*533号掲載
*534号掲載
*535号掲載

6月
20
2022
櫻井美知子の夏のよそおい @ ギャラリー葉葉
6月 20 – 7月 4 終日
  • 11時〜17時

櫻井美知子さんが仕立てたワンピース、シャツ、ブラウス、カットソーなど、初夏から秋までの着心地のいい服をそれぞれ1点ずつ展示する。その中のデザインから布地、サイズを選びオーダーすることもできる。

*534号掲載

6月
23
2022
Fumico Birkettアート展 「WHAT DO YOU HEAR?」 @ TRAYCLE market&coffee 2階
6月 23 – 7月 3 終日
  • 11時〜18時、27日(月)〜29日(水)は休業

イギリス在住のコンセプチャルアーティスト、バーケット富美子が日本で製作した作品を展示する。環境問題や社会問題をテーマに、古い木材やペインティング、海に落ちているゴミなどの廃材を作品にすることで、新しい価値を与えている。作品の売り上げの一部はウクライナの人道支援のためユニセフに寄付される。6月22日(水)は予約制のプライベートビュー(1ドリンク付き、入場無料)を開催するので、詳しくは問い合わせを。

*534号掲載
*535号掲載

6月
30
2022
田中賢二 藍の世界 @ ギャラリーsfk
6月 30 – 7月 25 終日
  • 11時〜16時、火・水曜休廊

八ヶ岳麓に工房を構える藍染作家・田中賢二さんの個展。自然発酵による本藍染の作品は国内のみならず海外でも高く評価されている。

*535号掲載

Back to Top