コンテンツへジャンプ

南房総イベントカレンダー

クリップに掲載されたイベント記事のほか、地域のイベントを日付順に表示しています。
リスト形式/月別・週別・日別スケジュールの各表示に切り替えられます。

気になったイベントは、「詳細を見る」ボタンをクリック!
ツイッター、facebookを使えば、友達を誘うのもカンタン!

3月
15
2024
青木英一展 @ 私設房総郷土美術館
3月 15 – 6月 2 終日
「ピアニストのいる風景」(仮題)青木英一

「ピアニストのいる風景」(仮題)青木英一

  • 10時〜16時(金・土・日曜のみ開館)

館山市出身の画家・青木英一さんは、現役時代ロイター通信社に勤務し、敬愛する画家ニコラ・ド・スタールが過ごしたフランスの港町アンティーブにアトリエを構え、同地で亡くなった。油彩38点、水彩10点、デッサン16点、写真作品12点を展示する。

*576号掲載
*578号掲載

4月
5
2024
紙の工芸とサーフボード @ 白浜海洋美術館
4月 5 – 5月 27 終日
  • 10時〜17時、火・水・木曜休館

新構造のサーフボードを開発する新藤尚彦さんによる作品展示。特許構造による段ボール素材の骨材、和紙とガラスクロスを用いた表面仕上げにより、実用性を保ちながらエコロジーとアート性を追求した斬新なデザインを実現している。12点のボードが並び、販売も行われる。

*574号掲載
*575号掲載
*576号掲載
*577号掲載
*578号掲載

4月
23
2024
館山市街地循環バス「かいま〜る」原画展 @ 館山駅市民ギャラリー
4月 23 – 6月 13 終日

館山市街地循環バスへのEV車両導入(5月下旬以降)にともない、同バス車両は外装にアートワークが施されたラッピングバスになる。これを記念して始発となる館山駅でアートワーク原画の作品展示をおこなう。原画は、南フランス マルセイユ在住の画家・じょうのおたけしさんによる水彩画で、動物と老若男女のキャラクターが描かれている。

*578号掲載

5月
1
2024
善さんの一期一絵 @ 道の駅鴨川オーシャンパーク
5月 1 – 5月 31 終日
  • 9時〜17時

房総の海に憧れ、1年前に鴨川市天面に移住したイラストレーター・坂下善憲さんの個展。房総の景勝地を面白く楽しく描いたイラスト絵画を展示。

*578号掲載

5月
9
2024
山鹿文子 布絵の旅 @ ギャラリーsfk
5月 9 – 6月 10 終日
  • 11時〜16時(火・水曜休廊)

松尾芭蕉の嵯峨日記を題材にした未発表を含む作品33点を展示する。

*577号掲載
*578号掲載

5月
15
2024
今井香~関西の教会を描く~ @ ギャラリー&カフェ遊日
5月 15 – 6月 2 終日
  • 「京都ハリストス正教会」今井香

    「京都ハリストス正教会」今井香

    11時~17時(最終日は16時まで、月・火曜休廊)

クリスチャンである今井香さんの教会を描いた絵画展。同ギャラリーでの2度目の展示。今回は関西の教会を描いたアクリル画、布コラージュ等の作品を展示。

*577号掲載
*578号掲載

5月
17
2024
浅井純介 陶展 @ ギャラリーMOMO
5月 17 – 5月 27 終日
「EXCAVATED TIME」浅井純介

「EXCAVATED TIME」浅井純介

  • 12時〜17時(火・水・木曜休廊)

陶芸家・浅井純介さんは器づくりのほか、焼成の有無を問わず、土の造形物(オブジェ)の制作も行う。時に土以外の金属、植物を焼くことも。今回は、「物質」と「燃焼」の検証から生み出された作品群を展示する。

*578号掲載

5月
30
2024
堀江ミペ展 〜元気でぱあっとした生き物たち〜 @ ギャラリーヒロイ
5月 30 – 6月 2 終日
  • 11時〜17時(最終日は16時まで、会期中無休)

2匹の飼い犬の名前からとったペンネーム、堀江ミペさんによる多種のアート作品個展。折り紙の作品、色鉛筆やクレヨンで描いたドラゴンフルーツ、朝顔、犬、虫などの生き物たちの絵、絵付けした花瓶、自ら作った服や鞄を展示する。

*578号掲載

6月
1
2024
木村 明 NORTHWIND ガラス展 @ ギャラリー葉葉
6月 1 – 6月 15 終日
「翼のある花器」木村明

「翼のある花器」木村明

  • 11時〜17時(最終日16時まで、水曜休廊)

長年にわたり、伝統ある高崎映画祭のトロフィー制作を任されるガラス工芸作家・木村明さんの個展。ガラスの花器をメインに、食器やオーナメント等の展示販売をする。

*578号掲載

Back to Top