Skip to content

南房総イベントカレンダー

クリップに掲載されたイベント記事のほか、地域のイベントを日付順に表示しています。
リスト形式/月別・週別・日別スケジュールの各表示に切り替えられます。

気になったイベントは、「詳細を見る」ボタンをクリック!
ツイッター、facebookを使えば、友達を誘うのもカンタン!

3月
2
2018
超絶技巧の工芸展 @ SGT美術館
3月 2 – 7月 30 全日

  • 開館時間:10時〜17時
  • 火・水・木休館

オールドノリタケ双耳皿、野々村一男の木彫彩色「翁」、螺鈿蒔絵の五段重ねお重、鍋島染付双鯉皿など明治工芸を中心に20作品を展示する。

http://sgtmuseum.s2.xrea.com

*437号掲載

4月
6
2018
久野正人写真展『石垣島の旅路』 @ 白浜海洋美術館
4月 6 – 6月 30 全日
  • 10時〜17時、火水木曜休館

南房総市千倉町在住の久野正人さんが、毎年夏に石垣島でアルバイトをしながら撮影した写真を展示する。

*438号掲載
*441号掲載

4月
28
2018
今井俊・直江みちる メキシコの祭り絵本原画展 @ 月の沙漠記念館
4月 28 – 7月 3 全日
  • 9時〜16時30分、水曜休館

鋸南町在住の版画家、今井俊さんとイラストレーター・造形作家の直江みちるさんによる絵本の原画展。メキシコのお祭りの絵本や取材スケッチ、死者の日の祭壇(実物大再現)などを同時展示する。

*439号掲載
*441号掲載

6月
1
2018
安田直子陶展 @ 安房暮らしの研究所
6月 1 – 7月 29 全日
  • 12時〜21時、金土日のみ開館

金魚の絵柄で作陶している安田直子さんの個展。

*442号掲載

海猫堂企画展「わたしの魚展」 @ 海猫堂
6月 1 – 6月 30 全日

  • 8時30分〜17時、水曜定休

魚をテーマとしたオリジナル作品を展示する。作品は貝のランプシェード、陶片のオブジェ、版画、ワンピース、ブローチ、絵画など個性豊かなものばかりだ。それぞれ1点モノで、ユニークなものが揃っている。販売もしているので、売れてしまう前に、お気に入りを見つけに出かけてみては。現在13名が出展しているが、追加の参加者を15日まで募集している。絵画などの平面作品から立体作品までジャンルは問わない。参加費は1000円。一人一点まで。詳しくは問い合わせを。

*442号掲載

6月
8
2018
澤岡泰子&矢後由実子 木のリトグラフ展 @ ギャラリーMOMO
6月 8 – 6月 25 全日

澤岡泰子「記憶の風景91」

  • 12時〜17時、火水木曜休廊

木版リトグラフに取り組む澤岡泰子さんと矢後由実子さんの二人展。
木版リトグラフは、木版とリトグラフを合体させた新しい版画の技法。澤岡さんは国内はもとよりイタリア、ポーランド、メキシコ、中国など海外にも積極的に出向き、作品発表、木版リトグラフの普及に努めている。
6月16日(土)13時30分より澤岡夫妻によるギャラリートークを開催する。参加費無料。要予約。

*442号掲載

6月
16
2018
映画「デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり」上映会 @ TRAYCLE Market&Coffee
6月 16 – 6月 30 全日
  • 開催日:6月16日(土)、23日(土)、30日(土)19時15分〜20時45分

11年の闘病生活を経て奇跡の復活を果たした天才ピアニストで、映画「シャイン」のモデルとなったデビッド・ヘルフゴットと妻ギリアンの深い夫婦愛を追ったドキュメンタリー。座席に限りがあるため、早めに予約を。

*442号掲載

6月
21
2018
陶と布絵 @ ギャラリーsfk
6月 21 – 7月 16 全日
  • 11時〜16時、火水休館

石井純さんの陶芸と、山鹿文子さんの布絵の作品を展示する。

*442号掲載

6月
23
2018
根津直美ドールハウスとミニュチュア展 @ ギャラリーヒロイ
6月 23 – 7月 3 全日

昭和のバー

  • 11時〜17時、日曜定休

樹脂粘土や紙粘土、塩ビ板やプラ板など、あらゆる素材から僅か数ミリのパーツを自作。昭和のバーやそば店、和室、寿司やケーキといった食べ物など、6分の1から24分の1の小さな世界を楽しんでみては。

*443号掲載

6月
24
2018
潮風王国・第2回潮風マルシェ @ 道の駅ちくら潮風王国
6月 24 @ 10:00 – 15:00
  • ステージ11時・13時※雨天中止

海辺の道の駅として人気の「潮風王国」で先月からスタートした「潮風マルシェ」。毎月第四の日曜日の定期開催でスタート。今回でまだ第2回なので出店者は多くはないが、食べものや雑貨など魅力的なお店が今回は15店舗が出店する。

出店者:花いちご(トマト・トマト加工品)、アルガマリーナ(漁師メンチ・魚惣菜)、アオキストアー(焼鳥)、岡水農園(野菜)、わだぱん(パン)、オドーリキッチン(イタリアン惣菜)、﨑山(オーガニックマクロビ弁当)、市場食堂せん政水産(コロッケ・カレーパン)、佐藤(ビーチグラス・クラフト)、田中やすはる(銀細工)、マジョルカ(雑貨)、高橋(手作り雑貨)、はな房(食器・陶器)ほか。

  • 出店者を募集中。次回は7月22日(日)、8月26日(日)の開催。8月までは出店料は無料。お申し込みは潮風王国まで、お電話で。

WHiTE BEACH が やって来る!

WHiTE BEACH

ご当地南房総のアイドルグループ「WHiTE BEACH」のミニライブを開催(11時・13時の2回)。新生グループとなって、今年2月にはミニアルバムを発売している。このグループをプロデュースするDJ KOUSAKUさんも、7月14日から16日まで3日間開催される「南房総白浜海女まつり」のプロモーションもかねて、おなじみのキッチンカーとともにやって来て、ご当地ソウルフードを提供する。

大好評! 炭火浜焼き大会

潮風王国で開催中の「あわびまつり」では、毎週土、日の11時から14時まで「炭火浜焼き大会」を実施している。館内で購入したアワビ、サザエ、伊勢エビや干物などを、炭火焼きにしてその場で食べられるサービス。利用料は無料。稀少な磯ものを手軽に食べられる人気のイベント(8月12日まで開催)。

*443号掲載

海辺の寺子屋③ @ 海からの贈り物館
6月 24 @ 10:20 – 12:00

海の危険な生き物の話をする。ウニや貝がらなどを使ってマグネットを作る。

*442号掲載

馬場孝幸LIVE @ えーころ屋
6月 24 @ 15:00

CD「ワールド・ツアー」

開場14時40分、開演15時

えーころ屋ライブでは毎回、立ち見が出るほどの人気ミュージシャンの馬場孝幸さん。森進一、ビートたけしなどに楽曲を提供する他、映画音楽、CMなど数々の作曲を手がけている馬場さんが、自身のスタジオにてセルフプロデュースしたCD「ワールド・ツアー」を携えての開催。ブラジル、ハワイ、ジャマイカなど、ノリの良いリズムで心地よい曲を演奏する。CDに収録された「バツ2男のひとり言」に、えーころ屋店主がコーラスとして参加している。

*442号掲載

6月
27
2018
アロマセラピー講座 in Gallery & cafe 遊日 @ ギャラリー遊日
6月 27 @ 13:00 – 15:00

アロマセラピーについての基礎知識を学びながら、「ハウスクリーナー」を作る。講師はJAA認定アロマコーディネーターの榛沢まゆみさん。先着6名。6月20日まで予約申込み。筆記用具を持参。

*442号掲載

6月
30
2018
房州うちわの伝統を継ぐ、うやま工房の仕事展 @ FUSABUSA内ギャラリースペース
6月 30 – 7月 22 全日

  • 11時30分〜17時

うやま工房の房州うちわの展示販売、房州うちわの製作ストーリーを追うパネルの展示を行う。また、昨年に逝去された伝統工芸士の宇山正男さんの貴重な遺作も展示する。
女竹の選別から仕上げまで21にもわたる工程を、全て手作業で一貫して行う房州うちわは、しっとりと手に馴染む丸柄、一本の竹から扇状に広がる骨組みや柔らかなカーブを描く弓の美しさが特徴。しなやかな風の涼を感じてみては。

*443号掲載

映画「北の桜守」上映会 @ 南総文化ホール
6月 30 全日
  • 10時〜、13時〜、16時〜

女優・吉永小百合の120作目となる映画出演作。戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を描く。

*440号掲載

見釣り入門 魚の生態観察(半日編) @ 沖ノ島周辺
6月 30 @ 10:00 – 12:30

対象:小学生以上~大人(1〜3年生は、保護者と参加)/干潮時に魚の生態を観察しながら、釣りを体験する。簡単な釣り具で小さい魚を釣る。季節に合った釣りができる服装と長靴を持参。

*442号掲載

不登校サポートセミナー ~不登校からの進路~ @ 館山市コミュニティセンター
6月 30 @ 13:30 – 16:30

不登校の子どもを持つ保護者や支援に携わる方を対象とした、進路に関するセミナーを開催。第1部は不登校からの進路選択に関する全体ガイダンス、各県立高等学校の説明。第2部は各県立高等学校ブース、所員や不登校経験者による個別相談ブースを設置。申し込みは電話またはホームページから。

*442号掲載

頭脳交換会inいすみ @ いすみ市役所会議室
6月 30 @ 13:30 – 16:30

いすみ市から食・移住・有機農業・朝市・ロケ誘致の関係者ら(予定)5組が相談者となり、それぞれの課題に対し、参加者全員で知恵やアイデアやアドバイスを出し合う。

*442号掲載

参加者体験型メンタリズムショー キャッチボール @ 南総文化ホール練習室
6月 30 @ 14:00
  • 開場13時45分、開演14時

館山市で看護師をする傍らマジシャンとして活躍する安部満さんによるメンタリズムショー。メンタリズムとは、人の心の仕組みを理解し行動に移すように誘導する心理マジックのこと。安部さんは「magic nurse NOAH」の名で高齢者施設の慰問や小学校を訪問してマジックを披露している。売れたチケット1枚につき300円を公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」へ寄付をする。前売り券発売中。

*442号掲載

シリアカフェと古今東西ライブEast meets West Live & Syria cafe @ リーフ&ルート八角堂
6月 30 @ 18:30

  • 開場17時、開演18時30分

東洋の楽器はインドのタブラとサロード、そして西洋の楽器はフルートとキーボードが織りなす古今東西をテーマにしたセッションライブ。シリアカフェではシリアの難民支援にかかわる田村佳子さんによるシリアについての話もあり、シリアのスイーツやフードを楽しめる。出演者:逆瀬川賢治(タブラ)、深津純子(フルート)、関口祐一(サロード)、ジョン・グレゴリー(キーボード)

*443号掲載

浜崎航 meets 松本茜トリオ @ 風雲
6月 30 @ 20:30
  • 開場19時30分、開演20時30分

モダンジャズの保守本流・ビバップの醍醐味をこれでもかと堪能できること間違いなし。CDでは得られない、生音ならではのグルーブと音圧を2メートルの至近距離で感じる風雲ライブ。 出演:浜崎航(テナーサックス)、松本茜(ピアノ)、本川悠平(ベース)、海野俊輔(ドラム)

*443号掲載

7月
1
2018
趣味のクロスステッチ刺繍展 @ 白浜海洋美術館ギャラリー
7月 1 – 8月 31 全日
  • 10時〜17時、火水木曜休館

館山市神余に在住の茂木鈴枝さんによるクロスステッチ刺繍の作品を展示する。

*443号掲載

長野順子銅版画展 @ ギャラリー葉葉
7月 1 – 7月 21 全日

夜魄

  • 11時〜17時、水曜休廊

物語性がある幻想的な銅版画作品を展示する。テーマは「空想の欠片たち」。

*443号掲載

7月
7
2018
MJGスタジオ オープン3周年記念ライブ @ 蜂の駅ひふみ養蜂園2階ホール
7月 7 @ 18:30
  • 開場18時、開演18時30分※スタジオ公開17時〜

国内はもとより、世界で活躍するYOSHIKIさんゆかりのMJGスタジオ(MJGはフランス語で「若者たちのミュージアム」のミュゼ デ ジゥヌジャンの略称)の公開と、地元で音楽活動を続ける、松永大悟さん(Daigo Maznaga Synthesized Orchestra)、網代芳明さん、小林伸さん、山田武史さんの4人によるアコースティックライブを開催する。

*443号掲載

七夕 ROMANTIC Jazz Live @ TATEYAMA イタリア食堂
7月 7 @ 19:00

開場18時、開演19時

スタンダードジャズや洋楽と共に料理を楽しむ。都内のジャズクラブなどで活躍する富津市出身の今井朋美さんが出演する。

*442号掲載

7月
9
2018
日髙菊雄展 @ 檜画廊
7月 9 – 7月 14 全日

「無の組曲」油彩 F20

  • 11時〜18時30分※最終日16時30分まで

館山市浜田に在住の画家・日髙菊雄さんの個展。「空間の質」を問い、絵と現実の呼応を探っての油絵小品とデッサンを展示する。

*443号掲載

核兵器廃絶の願いをつなげる平和行進 @ 鋸南・富浦・千倉・白浜・鴨川・丸山・館山
7月 9 – 7月 20 全日
  • 7月9日(月)鋸南・富浦コース(集合:鋸南町役場)
  • 7月12日(木)千倉・白浜コース(集合:朝夷行政センター)
  • 7月17日(火)鴨川・丸山コース(集合:鴨川市役所)
  • 7月20日(金)館山コース(集合:館山市役所)

各コース9時〜/広島・長崎での原水爆禁止世界大会にむけて、安房地域で平和行進を開催する。

*443号掲載

7月
15
2018
映画「リメンバーミー」上映会 @ 南総文化ホール
7月 15 全日

(C) 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

  • 10時〜、13時〜、16時〜

ギターの天才少年ミゲルが迷い込んだ死者の国を舞台に、時を超えた家族のつながりを描いた感動の物語。

CLIP読者プレゼント 映画「リメンバーミー」 チケットを15名様に

ハガキに、郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・希望の上映時間を明記のうえ、ご応募ください。応募先:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1千葉県南総文化ホール「リメンバーミー」チケットCLIP読者プレゼント係

  • 締切:6月28日(木)消印有効
  • 発表は当選ハガキの発送にて。

*443号掲載

7月
20
2018
なんそう寄席 柳家花緑~夏の夜噺~ @ 南総文化ホール小ホール
7月 20 @ 18:30
  • 開場18時、開演18時30分

8回目を迎える柳家花緑の独演会。回を重ねる毎に落語の面白さ、楽しさで客席を席巻する。演目は「井戸の茶碗」。

7月
21
2018
探検! バックステージツアー @ 南総文化ホール大ホール、小ホール
7月 21 @ 10:00 – 12:00
  • 参加費無料
  • 対象者:地域の小中学生15~20名程度※小学生には保護者同伴

舞台スタッフが音響室や照明室など普段入ることのできない施設を案内する。簡単な操作を体験することもできる。要予約。

7月
22
2018
ダンスワークショップ 〜初めてのヒップホップ〜 @ 南総文化ホール大会議室
7月 22 – 8月 19 全日
  • 7月22日(日)、8月19日(日)18時30分〜20時、全2回(1回完結型)
  • 対象:小学3年生以上(年齢上限なし)30名程度
  • 講師:ヒップホップダンススクールエボリューション主宰・渡辺忠隆氏

8月26日(日)開催予定の「ダンスフェスティバル2018 ~JIPANG~」のプレイベントとして、ヒップホップダンスのワークショップを開催。ダンスの基礎を学びながらリズムと簡単な振りを楽しむ。要予約。

2018年南房総「浜千鳥」歌唱コンクール @ シェイクスピア・シアターホール
7月 22 @ 12:00
7月
25
2018
第42回鴨川書道協会展 @ 鴨川市民ギャラリー
7月 25 – 7月 29 全日
  • 9時〜16時(最終日15時30分)

会員による作品約80点を展示する。

*442号掲載

7月
28
2018
南総工房めぐり 「オーガニック石鹸作り体験教室」 @ バラの学校
7月 28 全日
  • ①10時30分~11時30分、②13時30分~14時30分
  • 対象:小学生以上、各回10名程度

無農薬で育てた植物を摘み、エキスを抽出した100%天然の原料で石鹸を作る。肌に優しい泡立ちと天然の香りを楽しむ。現地集合。土がついても気にならない靴・服装で。要予約。

7月
29
2018
南総音楽ワークショップ 〜初めてのフルート体験〜 @ 南総文化ホール大会議室
7月 29 全日
  • ①10時30分~11時30分、②13時30分~14時30分
  • 対象:①親子ペア(小学3年生以上)10組、②大人20名

フルートの先生と桐朋学園芸術短期大学フルート専攻生たちが、フルートの使い方を丁寧に指導する。要予約。

ミュージカル「アルプスの少女ハイジ」 @ 南総文化ホール
7月 29 @ 14:30
  • 開場14時、開演14時30分

1949年創立以来公演活動を続けている劇団東少の創作ミュージカル。子どもの心にひろがる愛と友情の物語。出演者:小川麻琴(ハイジ)、中山麻里(ロッテンマイエル)、正木慎也(セバスチャン)他。

チケット好評発売中。

8月
4
2018
南総おまつりマルシェ @ 南総文化ホール芝生広場
8月 4 @ 10:00 – 15:00

「笑顔でつながる」をテーマに南総文化ホールで開催している「おまつりマルシェ」は5回目に。主催の南房総オーガニックは南房総市、館山市で新規就農した若手生産者でつくるグループ。化学合成農薬や化学肥料を使わずに、こだわりの野菜、米、果実などの栽培に取り組んでいる。新鮮な野菜や地元のおいしいもの、手作り雑貨が並ぶ。野菜○×クイズやビーチボールのスイカ割りなども実施。大道劇団Cuentoの楽しいパフォーマンスも。

8月
25
2018
鉄道模型とプラレールまつり2018 @ 丸山公民館
8月 25 – 8月 26 全日
  • 8月25日(土)18時00分〜19時30分、26日(日)9時30分〜15時00分

Nゲージ鉄道模型の巨大なジオラマとプラレールで遊べるイベント。会場には国鉄時代を中心とした鉄道部品や、行先標示板などを展示。
25日は19時から夜行列車を再現、26日は11時と13時から10分程度イベントタイムとして交通博物館風に解説をしながら運転する。

9月
24
2018
平原綾香 15th Anniversary CONCERT TOUR 2018 ~ Dear Music ~ @ 南総文化ホール
9月 24 @ 17:00

開場16時30分、開演17時

15周年を記念したアルバム「Dear Music」を携えて、平原綾香が挑戦し続けてきた音楽の軌跡を届ける。

*442号掲載

Back to Top