Skip to content
2019年9月14日 土曜日

映画「ほたるの川のまもりびと」上映会

by admin
  • 9月21日(土)10時30分〜12時、14時30分〜16時、19時〜20時30分、上映30分前開場
  • 会場:とみうら元気倶楽部さざなみホール(南房総市富浦町原岡88-2)
  • 料金:大人1000円、大学生・高校生・中学生700円、小学生以下無料

長崎県川棚町こうばる地区で半世紀もの間、ダム建設に抗いふるさとを守り続ける13世帯を巡るドキュメンタリーを上映する。人びとの暮らしが優しい目線で描かれている。詳細は、ほたるの川のまもりびと上映会@南房総フェイスブックか電話で確認を。

問い合わせ/RAINBOW&AMBESSA
電話/090-1852-6991

*471号掲載

【中止】第22回館山まるしぇ

by admin

【台風の影響により中止になりました】

  • 9月21日(土)9時〜13時※悪天候の場合は翌日に延期
  • 会場:館山市稲地区の特設会場(国道128号稲交差点から三芳方面へ約100m)

市内外から24台の軽トラックが集う軽トラ市は、旬の野菜や地元食材を使用したスイーツ、惣菜、軽食等を販売する。今回は、新米やおはぎのほか、いちじく・栗・かぼちゃを使った商品などが並ぶ。   フリーマーケットコーナーでは19店が出店し、貝殻を使ったアクセサリー・雑貨をはじめ、ハンドメイド品などの販売も。お楽しみ抽選会(9時30分〜)、大道劇団クエントによるパフォーマンス(10時〜)、サックスアンサンブル山の幸カルテットによる生演奏(9時〜11時)、恒例の新米すくいどり(10時30分〜、有料)もある。

問い合わせ/さとみ軽トラ市実行委員会事務局
電話/0470-29-5385

風雲20周年記念ライブ

by admin
  • 9月28日(土)開場19時30分、開演20時30分
  • 会場:風雲(鴨川市広場817)/料金:6000円(1ドリンク付)、2ステージよりワイン飲み放題

さりげなく流れるジャズやロック、ブルース…を聞きながら一杯。鴨川にこの店あり、音楽ファンならお馴染みの風雲が20周年を迎える。日本のトッププレイヤーを呼んで定期的に開催しているジャズライブはファンに支えられ毎回大盛況、ハイレベルな音を届けてきた。記念ライブはジャズ界のサラブレッド、パワフルなドラミングの本多珠也が率いるカルテットが満を持して登場! TAMAXILLE(タマザイル):本田珠也(Dr)、類家心平(Tr)、井上銘(Gu)、須川崇志(Ba)

問い合わせ/杉山
電話/090-8812-7748

*471号掲載

洲埼灯台点灯100周年 記念イベント

by admin
  • 10月5日(土)10時30分〜16時30分
  • 会場:休暇村館山(館山市見物725)、洲埼灯台(館山市洲崎)

洲埼灯台の点灯100周年を記念したイベント。世界中の灯台を旅する不動まゆうさんを講師に迎え、灯台の歴史や魅力について語るセミナーを休暇村館山で開催(13時30分〜、定員100名、10月4日まで申込)。セミナー終了後、「さかなクンバス」で洲埼灯台まで移動して、灯台の内部を海上保安庁千葉海上保安部職員と不動さんの解説とともに見学、灯台下にある商店であんみつをいただく見学ツアーもある(16時30分頃終了予定、定員20名、参加費500円、9月30日まで申込)。

問い合わせ/館山市企画課
電話/0470-22-3163

大風呂敷展

by admin
  • 開催中〜10月6日(日)10時〜17時、水曜定休
  • 会場:海猫堂(南房総市千倉町千田1051道の駅ちくら潮風王国内)

アーティストによるオリジナル風呂敷を展示販売する。風呂敷は、一枚の布で有るがゆえに、包む、結ぶ、運ぶ。無限の可能性を秘めている。飾るという利用方法も。それぞれ1点モノで、ユニークなものが揃っている。販売もしているので、売れてしまう前に、お気に入りを見つけに出かけてみては。
参加アーティスト:今井俊、直江みちる、宮下昌也、望月純、森田ちはる、山内新、山口マオ 他

問い合わせ/海猫堂
電話/0470-43-1039

*471号掲載

館山市市制施行80周年記念館山市市民協働事業 “渚の駅”たてやま ミュージックフェスティバル

by admin
  • 9月22日(日)、23日(月・祝)16時〜19時(開場15時30分)
  • 会場:“渚の駅”たてやま2階展望デッキ

2日間開催されるこのフェスには地元で活躍する6バンドが出演。22日(日)は海上自衛隊館山航空基地軽音部内ユニット〜生音研究会〜、OZ-3 BAND、RAKUZA〜楽來座〜。23日(月・祝)はRAINBOOTS、え〜ころ♡バーバンズ、楽器隊 with RIYO。バンド名は出演順で各1時間弱を予定。※荒天時は29日(日)に延期。22日、23日のどちらかを開催した場合、延期なし。

問い合わせ/松永
電話/090-5765-6609

*471号掲載

2019年9月12日 木曜日

ヴァイオリン・チェロ・ピアノ トリオコンサート

by admin
  • 10月14日(月・祝)開場14時、開演14時30分
  • 会場:南総文化ホール小ホール
  • 入場料:一般3000円、学生1000円

ウィーン国立音楽大学を卒業し、イタリアで研鑽を重ね、バルセロナ、ミラノ等で演奏活動をしてきたピアニスト半澤美緒子さんらによるコンサート。
ヴァイオリニストは三又治彦さん、チェリストは藤村俊介さん、二人はNHK交響楽団次席を務める。プログラムはモーツァルト・ピアノ三重奏曲K.584ハ長調、マスネ・タイスの瞑想曲、モンティ・チャルダッシュ、サンサーンス・白鳥ほか。

問い合わせ/半澤美緒子ピアノ会
電話/090-3909-1079

*469号掲載
*471号掲載

【同時開催】 市制施行80周年記念展「館山の昭和と平成」 館山駅開業100周年記念展「鉄道がまちにやってきた」

by admin
  • 7月6日(土)〜11月24日(日)9時〜16時45分、月曜休館※祝日の場合は開館し、翌日休館
  • 会場:館山市立博物館本館
  • 入館料:一般400円、小・中学生、高校生200円

今年は館山市の市制施行80周年と館山駅開業100周年という節目の年にあたる。これを記念して、2つの収蔵資料展が同時開催されている。
館山市は昭和14年(1939年)に誕生した。館山市の昭和と平成の歴史を振り返る展示は、戦後の復興にはじまり、近隣6村との合併、観光地としての発展など、当時の様子を伝える文書・写真などが並ぶ。
館山駅は大正8年(1919年)に「安房北条駅」として開業した。商品流通や観光客の増加をもたらし、町の中心として賑わいの場となった駅周辺の当時の写真や地図、駅で使用された看板が展示される。なかでも見どころの第一は、「情味の千葉県」という観光案内パンフレットで、「大正の広重」と呼ばれた吉田初三郎が制作した鉄道沿線鳥瞰図だ。印刷折本の見開きの左端から右端にかけて、房総半島の南側に位置する野島崎から房総半島の東側の犬吠埼までの千葉東沿岸が、横長の楕円形状をもって画面の前にせり出している。左端に安房北条駅から進路を東に変えて安房鴨川駅に向かう房総西線(現・内房線)が見える。

問い合わせ/館山市立博物館本館
電話/0470-23-5212

*469号掲載
*471号掲載

2019年8月10日 土曜日

南房総ARTニューウェーブ 鋸山アニマルワールド

by admin
  • 7月14日(日)〜10月14日(月・祝)10時〜17時、火曜休館
  • 会場:鋸山美術館(富津市金谷2146-1)
  • 入館料:一般800円、中高生500円、小学生以下無料

 

金谷フェリー乗り場のそば、国道沿いにある金谷美術館が7月14日から「鋸山美術館」と改名し、あわせてスタートしたのが今回の「鋸山アートアニマルワールド」。南房総に住み活動をしている12名のアーティストが「動物=アニマル」を共通テーマに、1ブースに1作家という形式で、それぞれの作品を持ち寄り展示。日本画の坂本一樹さんの「ELEPHANT」は幅4・5メートルという圧倒的な大作で目を引く。立体や平面の作品が組み合わされていたり、それぞれの展示の創意もあわせて楽しむことができる展覧会だ。

■今後開催のイベント

「今井俊・木版画ワークショップ」/8月11日(日・祝)13時30分〜16時(参加費500円)別途入館料
「奈良大介 ライブ × 宮下昌也 ペインティング」/8月25日(日)14時〜15時30分/料金:2500円(展覧会観覧料800円を含む)/定員:50名(事前申込制)

問い合わせ/鋸山美術館
電話/0439-69-8111

*469号掲載

夕涼みないと2019 〜懐かしの学び舎で放課後を楽しむスペシャルな2日間〜

by admin
  • 8月10日(土)16時〜、11日(日・祝)15時〜
  • 会場:道の駅保田小学校(鋸南町保田724)

鋸南町音頭を中心とした盆踊り(17時〜)、竹灯篭、絵灯篭、番傘のライトアップ(17時〜)、ちびっ子ビンゴ大会(カード配布開始19時)、ワンコイン縁日とテナントナイト営業(16時〜)、10日は和太鼓と千代正行のライブ、11日はタヒチハナのダンスショーとYaeのライブ、11日15時から鴨川在住の美術家・宮下昌也さんによる保田小をイメージしたライブペインティング、ドリームKによる紙芝居などイベント盛り沢山。

問い合わせ/道の駅保田小学校
電話/0470-29-5530

*469号掲載

第25回全国大学フラメンコ フェスティバルin館山2019

by admin
  • 8月11日(日・祝)開場13時30分、開演14時
  • 会場:南総文化ホール
  • 入場無料

館山の夏の風物詩として定着した「全国大学フラメンコフェスティバル」。今年も12の大学が参加、約130名の学生たちが館山に集結し、華麗なフラメンコを披露する。
館山市内の市民サークル3団体(エスペランサ館山「親子フラメンコ教室」、館山ユネスコ保育園、ペーニャ・ベルデ)も出演する。華やかな衣装とエネルギッシュな踊りで観客を魅了する。ほかにも写真展を開催。

*469号掲載

ART FOR THE EARTH 2019 第15回 安房・平和のための美術展

by admin

船田正廣「時計廻り/反時計廻り」

  • 8月24日(土)〜9月1日(日)10時〜17時・最終日は16時まで
  • 会場:道の駅とみうら枇杷倶楽部ギャラリー・展示室
  • 入場無料

安房にゆかりのある美術家たちが集まり、世界の平和と美しい地球環境を次世代に引き継ごうと2005年にスタートしたチャリティ美術展。参加者は年々増加し今年は76名になり、南房総では最大規模の美術展。ジャンル・会派の違いを超えた作品が展示され、それぞれ出展者の平和への思いが表現される。作品の売上げは義援金となる。

問い合わせ/実行委員会(橋本)
電話/0470-29-1290

*469号掲載
*470号掲載

南房総スポーツフェスタ 第18回アームレスリング大会

by admin
  • 8月25日(日)受付・検量10時30分〜/開会式12時30分〜
  • 会場:白浜コミュニティセンター(南房総市白浜町白浜14955)
  • 参加資格:中学生以上
  • 参加費:一般500円、中高生100円(左右でエントリーする場合も同額)

県内外から腕力自慢の猛者が集結するアームレスリング大会。性別、体重、右腕、左腕で分けた9クラスで熱戦を展開する。トーナメント方式による1回勝負で、組み合わせは当日抽選。上位3位まで表彰がある。8月16日(金)までFAXで出場申込み。観戦者は入場無料。

問い合わせ/峯パワークラブトレーニングジム
FAX/0470-38-3494

*469号掲載

こどもと大人のさざなみ劇場 劇団なんじゃもんじゃ『ベッカンコおに』×望月純『百鬼ア・ゴーゴー展』

by admin
  • 9月8日(日)開場12時、開演13時30分
  • 会場:とみうら元気倶楽部さざなみホール

「鬼って一体なんだろう?」をテーマに演劇とアートをコラボさせた一日限りの劇空間。  演劇「ベッカンコおに」(原作・さねとうあきら)は、岐阜県中津川市に拠点を置く夫婦二人だけの劇団なんじゃもんじゃが仮面、人形、そして二人の俳優という構成で上演する。望月純さんによる張子のお面の劇場内展示「百鬼ア・ゴーゴー展」も開催する。チケット(前売こども800円、大人1800円、こども1名+大人1名2000円)は南房総エリア各所【枇杷倶楽部(南房総市)、額縁屋ヒロイ(館山市)、海猫堂(南房総市)、カルトーラ(鴨川市)、ちいさなおうち(南房総市)、海遊魚(鋸南町)】で販売中。

問い合わせ/実行委員会(サカモト)
電話/0470-46-2167

*469号掲載
*470号掲載

2019年7月27日 土曜日

真夏のちくらサンバフェスティバル

by admin

8月3日(土)17時〜20時 ※雨天中止 会場:道の駅ちくら 潮風王国/入場無料

長かった今年の梅雨。明ければ、待ちに待った本格夏シーズの到来。熱い夏を、さらに盛り上げるのが今年も開催される「ちくらサンバ」。ステージでの歌と演奏、情熱的なサンバのリズムとダンス、さらに食べて、飲んで、五感で楽しめるのがこのイベントの魅力だ。
ステージに登場するのは、お馴染みのウクレレ抱えて歌う藤井康一(vo uke sax)率いるリトル・ジャイブ・ボーイズ。ウッドベースを持ち上げて弾くのは恵福浩司(b)、ブラジリアンジャズバンドで活躍するスガメス☆ジャポン(p)、そしてリズム陣はこのイベントが縁で千倉に移住した日本のラテンパーカッションの第一人者・田中倫明(per)、ブラジル仕込みのパンデイロ奏者のRINDA☆(per)が出演。
サンバチームは、浅草サンバカーニバルに1部リーグで参加している松戸市を拠点に活動するフロール・ヂ・マツド・セレージャ。総勢約30名のメンバーで、華麗で躍動感のあるダンスとリズムで会場を盛り上げる。20時からは打ち上げ花火も行われ、フィナーレを飾る。見て、聴いて、飲んで、食って……夏を最大に楽しもう。

問い合わせ/潮風王国
電話/0470-43-1811
chikura-samba.com

*468号掲載

第1回 たてやまラテンフェスティバル

by admin
  •  9月7日(土)13時30分〜16時(開場13時)
  • 会場:千葉県南総文化ホール 小ホール
  • 料金:前売3000円(当日3500円)

館山をラテン音楽で盛り上げようと、館山ふるさと大使でフルート奏者の深津純子さんによる音楽フェス。館山市市制80周年記念として開催。日本との外交関係樹立90周年を迎えたキューバに焦点をあて、キューバのミュージシャンや国内で活躍するプロミュージシャン、そして地元館山のミュージシャンも多数参加して開催される。チケットは南総文化ホール、宮沢書店本店、カミヤマサウンドステーションで販売中。高校生以下は1000円(当日のみ)

問い合わせ/実行委員会事務局
電話/0470-29-5251

*468号掲載
*469号掲載
*470号掲載

2019年7月25日 木曜日

【参加者募集】2019年 南房総「浜千鳥」歌唱 コンクール

by admin
  •  10月27日(日)にローズマリー公園シェイクスピア・シアターホールで開催。ファミリー、シニア部門の出演者を募集。
  • 申込期間:8月1日(木)〜9月1日(日)

課題曲・審査料などについては応募要項参照。返信用封筒に82円切手を貼り、下記に応募要項を請求。

〒295-0011南房総市千倉町北朝夷1012-3 千葉県童謡・唱歌愛好会MBK事務局宛

問い合わせ/0470-44-2219 (平日のみ)

*468号掲載
*469号掲載

2019年7月13日 土曜日

Kameda Cup 2019 in Kamogawa

by admin

南房総の夏シーズンはこれで開幕!サーフィンする人、しない人も楽しめる海辺のイベント!

  • 7月15日(月・祝)10時~15時(サーフィン大会・6時~15時30分)
  • 会場:鴨川市東条海岸(マルキポイント)
  • 入場無料

年間を通じてサーファーが絶え間なく訪れる、鴨川・東条海岸マルキポイントを会場に、毎年開催されている亀田メディカルセンター主催の「亀田カップ」は今年で8回目。医療機関の従事者を対象としたサーフィン大会で、医療従事者の交流や地域の活性化を目指したイベント。今年は全国から140名がエントリー。上級者からはじめたばかりの方も参加できる、幅広い年齢層が楽しめる大会になっている。
ショートボード、ロングボードは、それぞれチャレンジクラス、エンジョイクラス、50歳以上を対象としたカフナクラスに分かれ、大会は朝6時からスタート。10時頃からファイナルが予定されている。ランダムで組まれた5人1組のチームでボードをバトン代わりに競い合うFUNレースが行われた後、プロサーファーによるエキシビションが行われる。
サーフィン大会のほかにも楽しめるイベントは盛りだくさんに用意されている。10時から始まるステージでは、タヒチアンダンス、ヒップホップダンスなどが行われる。バンド演奏では、亀田歯科センター長の亀田秀次さんを中心に編成された4人組バンド「ジャスティンスタッフ」が今年も登場。
毎年大好評の「親子ビーサン飛ばし大会」(11時30 分から・受付は6時から)。親(祖父母可)と子(小学6年生以下)でそれぞれビーチサンダルを飛ばし合計飛距離を競う。参加費は無料で、入賞者には表彰と素敵な景品が贈られる。
飲食が楽しめる模擬店は、鴨川商工会女性部や市内の飲食店が出店。フランクフルト、ひじきいなり、いか焼き、ドーナツ、ナポリピッツァ、BBQチキンプレート、自家製アイスクリーム、コーヒー、コールドプレスジュース、ビールなどなど食べ物もいっぱい。今年もオルカ鴨川FCの選手が参加します。
海辺で食べて飲んで、一日のんびり、サーフィンをしない人でも存分に楽しめるイベント。

※駐車場は鴨川ロイヤルホテル跡地に用意

問い合わせ/Kameda Cupサーフィン大会事務局
電話/04-7099-1264

*467号掲載

石川仁 講演会 草の船で海を渡る 〜太古の知恵をつなぐ旅〜

by admin
  • 7月21日(日)16時〜18時
  • 会場:上瀬戸さんあーる亭(南房総市千倉町瀬戸1161、瀬戸交差点そば)
  • 料金:1000円

葦船航海士の石川仁さんを招いてアメリカ西海岸から太平洋を航海する計画『太平洋航海プロジェクトEXPEDITION AMANA』について語ってもらう。石川仁さんは南米からポリネシアへの葦船実験航海に参加、高知から伊豆神津島まで葦船で外洋航海した経歴を持つ。2008年〜11年は南房総で葦船作りのワークショップを開催、12年〜13年は館山から出発しヨットで日本一周し館山夕日桟橋に帰港した。

問い合わせ/吉良
電話/080-6689-4512

*467号掲載

農業の将来と食の安全を考える会・講演会

by admin

鈴木宜弘教授

  • 7月26日(金)14時〜16時30分
  • 会場:南総文化ホール小ホール
  • 入場無料

農業経済学の第一人者として農産物市場の活性化に尽力する農学博士・鈴木宣弘さん(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)の講演会。今後予想される農産物生産量激減、食品の安全性の危機、種子法・種苗法の問題など農業と食の安全についてをテーマに語る。農業従事者だけでなく、食品の安全性など食に関心のある消費者の方もぜひ参加を。

問い合わせ/関
電話/080-6517-0708

*467号掲載

Back to Top