Skip to content
2020年1月1日 水曜日

名もなきみせで女将料理と 多国籍音楽で祝う新春

by admin
  • 2020年1月25日(土)開場12時、料理12時30分、Live13時30分
  • 会場:名もなきみせ(鴨川市上小原1336)
  • 料金:4000円(ドリンク別)※ライブのみ2500円/ 要予約

鴨川市上小原の「名もなきみせ」で行われる音楽と料理が楽しめるイベント。様々な楽器を演奏するアコースティックバンド高木大丈夫とNoProblemsと、シンガーソングライター松本佳奈が出演する。名もなきみせは、地元の旬の食材を使い、調味料にもこだわった体にやさしい料理を提供する、1日1組限定完全予約制のお店。

問い合わせ/名もなきみせ
電話/070-3351-3138

*478号掲載

クジラはアートだ!

by admin

クジラに関するあれこれを一堂に集めた クジラづくしの特別展

  • 2019年12月7日(土)〜2020年3月22日(日)10時〜17時 火・水・木曜休館 ※臨時休館の場合もある
  • 会場:白浜海洋美術館(南房総市白浜町白浜628-1)

房総半島の最南端、野島埼灯台のすぐそばにある白浜海洋美術館。大漁の時に着た「万祝」や和船につけた「船首飾」など、海で生計を立ててきた人たちの道具や工芸品、生活用品を収蔵、展示している。
今回の特別展は、鯨と海女の研究室室長で学芸員の松浦信也氏のコレクションを展示したもの。江戸時代から現代まで、クジラをモチーフにした絵巻や浮世絵、民芸品やポスターなどの紙ものまで美術品や工芸品約150点が並ぶ。
クジラは、四方を海に囲まれた日本で、古来より恵比寿神として祀られ、勇魚とも呼ばれ、身近な存在だった。クジラの美しい流線形や雄大に泳ぐ姿、そして迫力のあるジャンプなどは人々の心をとらえてやまなかった。その雄姿に魅せられた江戸時代の画家に司馬江漢や浮世絵師の歌川国芳がいる。クジラの身体は肉・油を採った後、残った骨や歯、ヒゲから工芸品や生活用品などが作られた。令和くじら尽くし茶会の展示コーナーでは、クジラの身体の部位から作られた茶道具が展示されている。クジラをモチーフにした郷土玩具、昭和時代の児童書やファッションから、捕鯨文化や子ども達の海への親近感や憧れのあらわれをみることができる。海洋美術館の収蔵資料から和歌山県の「捕鯨絵巻」と、ツチクジラを絵柄にした大漁祝い着が展示されている。

松浦信也氏のトークイベント開催
「ミュージアムガイドとつまみ食い」

1月12日(日)は今回の展示品のコレクターでもあり、学芸員の松浦信也さんによるミュージアムガイド、クジラ肉のつまみ食いを開催する。ふるってご参加を。(11時~11時30分、定員20名程度、申込み不要。参加料は入館料のみ)。

3月8日(日)はくじら型の皿を制作するワークショップ(13時30分~16時、定員15名、要申込み、参加費500円)が実施される。

問い合わせ/白浜海洋美術館
電話/0470-38-4551

*478号掲載

Gallery & Museum 2020(ギャラリー&ミュージアム2020)

by admin

クリップでは毎号、ギャラリーや博物館などのイベント情報をお届けしてきました。今回はいつも紹介しているギャラリー&ミュージアムをちょっと詳しくご案内します。ぜひ、訪ねてみてください。新しい出会いや発見があるかも。

ギャラリーヒロイ

  • 館山市北条2576
  • 電話:0470-24-1665

JR館山駅から徒歩5分のところにある。額縁屋の一部を改装して2012年にオープン。街中の商店街のなかにある気軽に立ち寄れるギャラリー。

眞汐美幸 墨画展 GATE

2020年1月25日(土)〜31日(金)11時〜17時※会期中無休/眞汐美幸さんの個展。眞汐さんは14時から16時まで在廊している。

◆森田セキと仲間たちの作品展/2020年2月2日(日)〜8日(土)

◆全日本写真連盟館山支部55周年記念写真展/2020年2月18日(火)〜24日(月)

フィッシャーマンズ テラス

  • 鋸南町吉浜99-5
  • 電話:090-6177-9051

保田の人気食事処・ばんやのすぐそばにある。安房在住のアーティストの作品を中心に展示。カフェメニューは天然の天草を使った手作りあんみつが人気。オーナーである早川夫妻の人柄にひかれて来店する人も多い。

フィッシャーマンズテラス 10周年記念展

開催中〜2020年1月15日(水)11時〜16時、火曜定休※土・日曜は17時まで/鋸南町「ばんや横丁」内のカフェ&ギャラリー フィッシャーマンズテラスにゆかりのある作家たちによる作品展。作品販売もある。出品作家:今井俊、小滝正治、小滝マサ子、直江みちる、日高菊雄、本良樹、今泉ゆう、金子京子、早川榮二、笹生雄太、本庄高士、笹生春樹、笹生恭子、岩瀬和実、早川週、秋山未帆

道の駅とみうら枇杷倶楽部 ギャラリー

  • 南房総市富浦町青木123-1
  • 電話:0470-33-4611

昨年の台風で被災してシンボルのとんがり屋根が破壊された枇杷倶楽部は、元気に営業している。ギャラリーは入口入って左手の階段をあがったところにある。

静遥 パステル画展

開催中~2020年1月8日(水)10時〜16時30分/千葉県在住の静遥さんによるパステル風景画展。静遥さんは美しい風景を探し歩き、見つけ出した風景をパステルで表現している。パステルを用いた細かなタッチの風景画は、風景とともにその時の光や温度や湿度までも思い起こさせる。

◆第7回ふるさと農山漁村写真コンクール入賞作品展示/2020年1月31日(金)〜2月19日(水)10時〜18時

◆ちぎり絵展〜紙ふうせん〜/2020年2月22日(土)〜29日(土)/富浦ちぎり絵サークルの会員の作品展 ◆刑務所作業製品販売会/3月7日(土)・8日(日)/木工・金属・革・石けんなど

◆和洋女子大学 第45回雁鴻会書展/2020年3月14日(土)〜16日(月)/書道作品展

◆第2回書道教室 美南会卒業記念作品展/3月20日(金・祝)〜22日(日)/グループ展

ギャラリー&ショップ海猫堂

  • 南房総市千倉町千田1051・道の駅ちくら潮風王国内
  • 電話:0470-43-1039

道の駅ちくら潮風王国のなかにあるギャラリー&ショップ。店主であるイラストレーター・山口マオさん作品やキャラクターグッズ、絵本などを中心に展示販売している。地元のアーティストが参加した企画展示も定期的に開催している。

ふしぎの国インド展

2020年1月1日(水・祝)〜2月16日(日)10時〜17時/インド好きの作家たちがイメージした作品やカンタ刺繍など、日本ではなかなか手に入らないインド雑貨が勢揃い。出品作家:今井俊、喜多村紀、クリシュナ智子、坂本一樹、坂本真彩、宮下昌也、山内新、山口マオ、吉田尚洋

安房暮らしの研究所 gallery 2×2

  • 南房総市千倉町平磯1301-1
  • 電話:0470-40-3850

こだわり雑貨や衣料、本などを販売するユニークなショップ。もともとは漁協の支所だった建物で金庫がギャラリースペースになっており、企画展が開催されている。

~インディペンデントマガジンの世界へようこそ~

開催中~2020年1月26日(日)12時~21時※金・土・日曜のみ開館、1日(水・祝)〜5日(日)は10時〜開館/インディペンデントマガジンの展示会を開催。出展マガジン:まぁまぁマガジン、Spectator(スペクテイター)、The Secret Beach、mürren他。

千葉県立中央博物館海の博物館

  • 勝浦市吉尾123
  • 電話:0470-76-1133

ツノシマクジラが やってきた

開催中〜2020年1月13日(月・祝)9時〜16時30分、1日(水・祝)、6日(月)休館/入館料:一般200円、高校・大学生100円、中学生以下、65歳以上、障がい者無料/2017年6月に勝浦市浜行川に漂着したツノシマクジラの骨格を展示。珍しい種類の幻のクジラともいわれている。

ギャラリーMOMO

  • 南房総市岩糸1093
  • 電話:0470-28-4621

農家の作業場だった建物を改装してギャラリーに。周囲は田園、のんびりとした場所にある。コーヒー、紅茶も飲める(各400円)。ソファで美術関係の読書もOK。

佐藤和喜墨彩画展 心のかたち、ことばの力

2020年1月11日(土)~20日(月)12時〜17時、火・水・木曜休廊/東京の私立高校の国語の先生をしながら、プロの画家として、30年にわたりデパートやギャラリーで作品を発表し続けている、岩手県出身の佐藤和喜さんの個展。忙しい生活の中で浮かんだ言葉や、心の動いた物たちをためこんだ心の引き出しから生まれた、書と画の合体した力強い作品を展示する。

館山市立博物館本館

  • 館山市館山351-2
  • 電話:0470-23-5212

城山公園のなかにある博物館本館は1月4日(土)より開館する。館山城は1月1日から3日も特別に開館している(10時30分〜16時・大人100円、小人50円)。渚の博物館は1月2日より開館。

市制施行80周年記念展「館山の昭和と平成」

昭和30年頃 市役所分庁舎(旧房州銀行本店)

開催中〜2020年3月22日(日)9時〜16時45分、月曜休館※1月1日〜3日は休館/入館料:一般400円、小・中学生、高校生200円/館山市の市制施行80周年を記念した収蔵資料展。館山市は昭和14年(1939年)に誕生した。館山市の昭和と平成の歴史を振り返る展示は、戦後の復興にはじまり、近隣6村との合併、観光地としての発展など、当時の様子を伝える文書・写真などが並ぶ。

千葉県酪農のさと酪農資料館

  • 南房総市大井686
  • 電話:0470-46-8181

9時30分~16時30分(最終入館16時)/月曜休館(祝日の場合は翌平日)

秋桜の会押し花作品展

開催中~2020年1月10日(金)/押し花の愛好家の作品を展示。

竹嶋秀夫写真展

2020年1月15日(水)~2月29日(土)/富津市在住のアマチュア写真家によるパノラマならではの迫力のある写真を展示。

鴨川市貝渚区有文書が語る嶺岡牧 「嶺岡畜産株式会社から安房酪農へ」

1部:開催中~2020年1月10日(金)、2部:1月10日(金)〜3月31日(火)/日本における第二次エンクロージャー(地主による牧場化のための農地の囲い込み)ムーブメントの展開と小農制への移行を展示で紹介する。

白浜海洋美術館

  • 南房総市白浜町白浜628-1
  • 電話:0470-38-4551

10時〜17時/火・水・木曜休館 ※臨時休館の場合もある

白浜海洋美術館で2020年3月22日(日)まで開催中の「クジラはアートだ!」

*478号掲載

新春お年玉プレゼント付き クリップ版 第17回南房総検定

by admin

印刷用PDF版はこちら

クリップ元日号恒例の「南房総検定」。今年は、南房総エリアのアートをテーマに取り上げてみました。全問正解をめざしてチャレンジ!ふるってご応募ください。

問1


滝沢馬琴の里見八犬伝の芳流閣の戦いは様々な浮世絵師によって描かれています。以下の4人のうち、右の有名な縦長の構図の絵を描いたのは?

イ・歌川国貞 ロ・歌川国芳 ハ・月岡芳年 ニ・菱川師宣

問2


鋸山の中腹にある千五百羅漢は文字通り1500体をこえる石仏群です。この羅漢像を27人の門弟を率いて21年間かけて造りあげた石工は?

イ・左甚五郎 ロ・大野甚五郎 ハ・大前田英五郎 ニ・山田五郎

問3


東京湾観音、釜石大観音などを制作した鴨川市出身の彫刻家、長谷川昻の作品、女神像「暁風」がある展望台は?

イ・魚見塚展望台 ロ・富士見展望台 ハ・回転展望台 ニ・見晴らし展望台

問4

安井曾太郎や梅原龍三郎らを指導した洋画家、浅井忠が明治29年(1896年)12月から翌春にかけて取材をもとに制作した『漁婦』に描かれた海岸はどこ?

イ・北条海岸 ロ・根本海岸 ハ・岩井海岸 ニ・原岡海岸

問5

画家ゆかりの宿として知られる鴨川市太海の江澤館。この旅館の部屋から描いたといわれる安井曾太郎の代表作のタイトルは。

イ・太海港 ロ・仁右衛門島 ハ・夏の漁村 ニ・外房風景

問6

画家・青木繁は館山市布良に滞在し、代表作「海の幸」を描きました。この時、一緒に滞在していた同郷の久留米出身で同級生でもあった画家とは?

イ・坂本繁二郎 ロ・横山大観 ハ・福田蘭童 ニ・小山正太郎

問7

少女雑誌「それいゆ」の編集や挿絵画家などで活躍し、館山市で療養生活を過ごした中原淳一の歌碑がある海岸は?

イ・根本海岸 ロ・平砂浦海岸 ハ・坂田海岸 ニ・塩見海岸

問8

イラストレーターの山口マオさんが作画を手がけている人気絵本「わにわにシリーズ」(文・小風さち)のシリーズ第一作のタイトルは?

イ・わにわにのおふろ ロ・わにわにのおでかけ ハ・わにわにのおおけが ニ・わにわにのごちそう

問9

イラストレーターの安西水丸さんが、千倉町(南房総市)で過ごした幼い頃の思い出を描いた活動初期の漫画作品集は?

イ・赤の時代 ロ・黒の時代 ハ・黄の時代 ニ・青の時代

問10


彫刻家の太田雅典さんが手がけた巨大な石のモニュメントが白浜野島崎の先端に据えられています。この石の彫刻作品のタイトルは?

イ・ビッグストーン ロ・ギョベックリ・テペ ハ・房総半島最南端の碑 ニ・ウルル

話題の商品! 南房総の逸品!家族みんなでチャレンジしよう!

応募方法

  • ハガキで

それぞれの問題の番号と答え(イ、ロ、ハ、ニのいずれか)、ご希望賞品(番号で3つまで)、郵便番号、住所、氏名、電話番号、南房総でお気に入りのスポットやお店、商品などをご記入の上、左記までお送りください。
応募は、お一人様一通までとさせていただきます。複数の応募は無効となります。

宛先:〒294-0045 館山市北条700-2 「コア・クリップ編集室 南房総検定係」

  • 南房総の好きな場所(スポット)、お気に入りのお店や商品などを、ぜひお書き添えください!

締切

2020年1月14日(火)までにお送りください。当日の消印は有効です。

抽選方法

全問正解者の中から抽選で賞品を差し上げます。全問正解者が少ない場合は、得点の高い順に抽選を行います。

発表

クリップ479号(2020年1月25日・土曜日発行とクリップホームページ)にて行います。

全問正解者には もれなく、 クリップ特製カレンダー・オリジナルメモ帳をプレゼント!
※正解者が多い場合は、抽選で200名様までとさせていただきます。

プレゼント賞品

1. クリップ賞 Jackery ポータブル電源 240 ……1名様

2. コア賞 ブルーノ コンパクト ホットプレート ……1名様

3. コアコミュニケーション賞 パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ……1名様

4. 楽しみま賞 Fire TV Stick Alexa対応 音声認識 ……1名

5. わにわに賞 わにわに絵本5冊セット ……1名様

6. がんばろう南房総賞 白浜いっぺぇ楽しんで券2000円分 ……5名様

7. 南房総アート&クラフト賞 西山光太作飯椀 ……2名様

8. 南房総アート&クラフト賞 志村和晃作マグカップ ……2名様

9. 本を読みま賞  図書カード2000円分 ……3名様

10. お米を食べま賞  長狭米(5㎏袋) ……5名様

11. 安田農園賞  千葉アクアメロン(1個) ……2名様

賞品紹介

白浜いっぺぇ楽しんで券

先の台風被害が少なくなかった白浜地区で、観光の冷え込みをなんとかしたいと、コテージ「シーグラス白浜」を運営するドッグホテル「Sea & Dog」のオーナーが、白浜エリアの提携店で使用できる商品券を独自に企画。自らの被災にも、暗い雰囲気にしたくないと「いっぺぇ楽しんで券」と命名、同コテージ他で宿泊客へのクーポンとして提供している。オドーリキッチンやイルファーロ他の料理店、海産品店等で利用可能(提携店は券裏QRコードで確認)。また、本券を利用したい宿泊施設は、「Sea & Dog」で購入可能となっている。

西山光太作 飯碗

西山光太さんは、館山市香に窯を構える陶芸家。陶芸に適さないといわれていた房州の土を使い、その特性にあわせた焼成のノウハウを編み出した「あわ焼」のプロジェクトなど、独創的な作風・技術を広げている。NHK総合「ひるまえホット」で「あわ焼」の活動紹介を放映予定(1月15日)/千倉・安房研、オルネカフェ等で常時取扱い/1月15日(水)〜、日本橋人形町の「ギャラリー山咲木」で展示予定。

※NHK総合「ひるまえホット」での放送予定が変更になり、2月以降の放送が予定されています。

志村和晃作 マグカップ

館山出身の陶芸家・志村和晃さんは、20代半ばで陶芸の道に入り、九谷焼の工房、益子での修行を経て独立、館山に窯を構えている。近年は染付の作品に力を入れ、あくまでオーセンティックな作風でありながら、手仕事のあたたかみある風合いが独特のキャラクターとなっている。/首都圏を中心にクラフト系雑貨店等で作品取扱い。

*455号掲載

2020お正月イベント&おでかけスポット

by admin

印刷用PDF版はこちら

◆鴨川シーワールド

元日より営業・5日(日)までと11日(土)〜13日(月・祝)は9時〜17時※6日(月)以降、平日は16時まで、18日(土)以降の土日は16時30分まで。8日(水)・15日(水)、21日(火)〜23日(木)、29日(水)は休館/今年の干支の子(ネズミ)にちなんだ3種12点の海の生き物を特別展示し、名前の由来を紹介。
電話:04-7093-4803

◆マザー牧場

元日より営業・5日(日)までと11日(土)以降の土日祝は9時30分~20時、6日(月)は10時〜20時、平日は10時~16時/7日(火)~10日(金)、14日(火)〜17日(金)は休園/「ひつじの大行進~ねずみ年編~」、「おみくじポニー」「快ウンで開運」を開催。バンジージャンプ、ねずみ年生まれの方は31日(金)まで割引料金で挑戦できる。6日(月)までの毎日と、11日(土)以降の土日祝はイルミネーションとライトアップされた遊園地、東京湾の夜景を楽しめる(3月29日(日)まで)。
電話:0439-37-3211

◆アロハガーデンたてやま

元日より通常営業・9時30分~17時
電話:0470-28-1511

◆ポピーの里 館山ファミリーパーク

元日より通常営業・9時~17時/三が日は11時から「新春ちびっこ餅つき大会」「元気に遊ぼうちびっこ遊具」を開催。台風被害を受けたサンドアートも無事修復し、砂像美術館もリニューアル。ポピーが咲き誇る花畑が楽しめる。様々な手作り体験などもある。
電話:0470-28-1110

◆館山城

元日より通常営業・3日まで10時30分〜16時
問い合わせ:塚原緑地研究所
電話:0470-22-8854

道の駅

◆保田小学校

元日より通常営業・9時〜16時。※きょなん楽市直売所は9時~17時/三が日は「保田小初売り」を開催、甘酒を振る舞う。元日は2020円相当が入った福袋を1000円で販売(売り切れ次第終了)。2日、3日は各日先着100名に干支ボールペンのプレゼントあり。
電話:0470-29-5530

◆富楽里とみやま

元日より通常営業・9時〜18時(軽食コーナーは7時30分〜18時)
電話:0470-57-2601

◆とみうら枇杷倶楽部

元日より通常営業・9時15分〜18時/三が日は富浦エコミューゼ研究会のメンバーによる紙芝居(10時〜15時)を開催。
電話:0470-33-4611

◆おおつの里花倶楽部

元日より通常営業・9時〜17時
電話:0470-33-4616

◆三芳村 鄙の里

元日は10時〜16時、2日より通常営業・9時〜17時(レストランは元日休業、土のめぐみ館は元日・2日休業)
電話:0470-36-4116

◆ちくら潮風王国

元日は10時〜16時。2日より通常営業・9時〜17時(旬膳はな房は21時まで)。
電話:0470-43-1811

◆ローズマリー公園・はなまる市場

元日より通常営業・9時〜17時
ローズマリー公園 電話:0470-46-2882・はなまる市場 電話:0470-28-4030

◆和田浦WA・O!

元日より通常営業・9時〜17時30分
電話:0470-47-3100

◆鴨川オーシャンパーク

元日は6時〜17時、2日より通常営業・9時〜17時/元日は、6時より甘酒の振る舞い、日の出後には餅投げを行う。元日〜3日は、福袋の販売も。12日(日)、13日(月・祝)、18日(土)、19日(日)は海鮮ツミレ汁を販売。
電話:04-7096-1911

◆白浜野島崎

元日休業、2日より通常営業・9時〜17時
電話:0470-38-5519

*478号掲載

2019年12月26日 木曜日

石橋美絵さん「歌う!セールスマン」千葉テレビに出演中!

by admin

館山市在住の演歌歌手・石橋美絵さんが千葉テレビの番組「歌う!セールスマン」にレギュラー出演している。番組の中のローカル線・歌の旅というコーナーで、放送は毎週月曜朝8時から8時30分(金曜12時〜12時30分再放送)。ぜひチェックを。

*478号掲載

たてやま直売所スタンプラリー実施中

by admin

市内6ヵ所の農産物直売所にて、300円以上の買い物につきスタンプを1個押印、異なる直売所のスタンプを3つ集めて応募すると、抽選で参加直売所で使用できる「お買い物クーポン券」3000円分、1000円分がそれぞれ5名に当たる。1月31日(金)まで実施中。

参加直売所

  • とれたて市場健人館(館山市那古559)
  • 南房総なのはな村(館山市広瀬1444)
  • ふれあいショップ平砂浦(館山市大神宮152-1)
  • JAグリーン館山店(館山市安布里448-1)
  • 百笑園(館山市藤原837)
  • 海のマルシェたてやま(館山市館山1564-1)

問い合わせ:館山市農水産課食のまちづくり推進室
電話:0470-29-5385

*478号掲載

2019年11月23日 土曜日

第25回 安房地域母親大会

by admin

鈴木宣弘教授

  • 12月8日(日)13時30分〜16時30分
  • 会場:千倉保健センター(南房総市千倉町瀬戸2705-6) 料金:500円(資料代)

第1部は台風15号・19号の災害の現場で活動した経験と課題について各方面からの報告(安房フォーラム支援隊・池田恵美子さん、鋸南町町議会議員・笹生あすかさん、やぎ農園・八木幸枝さん)、第2部は農業経済学の第一人者として農産物市場の活性化に尽力する農学博士・鈴木宣弘さん(東京大学教授 農業経済学)の講演を開催。
男女、未婚既婚、誰でも参加できる。

問い合わせ:石井
電話:080-5516-9926

*476号掲載

ブランド多数品揃え 靴の倉庫在庫処分市!

by admin
  • 12月6日(金)・7日(土)10時〜19時・8日(日)10時〜17時
  • 会場:シューズラウンジ千葉倉庫(鋸南町下佐久間737「旧新平家具センター」)

恵比寿ガーデンプレイス内に本社を置き、新宿、吉祥寺、武蔵小杉、イオンタウンアウトレット(埼玉)や那須ガーデンアウトレット(栃木)などに店舗を展開するシューズラウンジ(株)が、同社の千葉倉庫内で、南房総初となる倉庫在庫処分市を開催。百貨店やセレクトショップの取り扱いブランド、独自ルートで仕入れているというインポートブランドの靴を「最大90%オフ」の価格で販売。  お気に入りの「お宝」を見つけに、ぜひこの機会に足を運んでみては。

問い合わせ:シューズラウンジ(株)千葉倉庫
www.shoeslounge.jp
電話:0470-28-4644

*476号掲載

2019年11月9日 土曜日

シフォンケーキセットをワンコインで

by admin

カフェ・ノワール15周年感謝デー

季節のフルーツをたっぷり盛りこんだスペシャルシフォンケーキ。コーヒーとのセットで500円(税込)

  • 11月16日(土)17日(日)2日間・12時〜17時
  • カフェ・ノワール (館山市北条1313-4・回転寿司やまと近く)

館山バイパス沿い、和風の民家の一角にある瀟洒な喫茶店、カフェ・ノワールでは、15周年を記念して自慢のシフォンケーキサンドとコーヒーのセットを500円で特別提供する。テレビにも度々登場するシフォンケーキの名店、池袋にあるラ・ファミーユの教室へ店主自ら通い研鑽をつんできたもので、お店の看板メニュー。今回はフルーツをサンドしたスペシャルバージョンを提供。ぜひこの機会にお仲間ででかけてみては。

問い合わせ/カフェ・ノワール
電話/0470-24-4476

*475号掲載

2019年10月26日 土曜日

千葉南部災害支援センター 台風15号被害への取り組み・報告集会

by admin

がんばんべえ!房州
台風15号被災支援のこれから

台風15号の襲来から一か月半。各市町では社会福祉協議会によるボランティアセンターが開設され、数多くのボランティアが参加し瓦礫の撤去、屋根の補修などの活動が行われてきた。ここにきて、被災者からのニーズの変化などもあり、ボラセン閉鎖など、支援活動はあらたな局面を迎えている。こうしたなか、これまでのボランティア活動の経緯や成果などを発表してもらい、今後のボランティア活動のあり方を検討していこうとするのがこの報告集会。主催の千葉県南部災害支援センターは、ボラセン閉鎖後のボランティア活動を担っていこうとの趣旨から立ち上げられた。

千葉南部災害支援センター 台風15号被害への取り組み・報告集会

  • 11月9日(土)19時〜21時
  • 会場:千葉南部災害支援センター(鴨川市金束5・鴨川市里山オフィス)
  • 参加無料(スリッパ、上履きをご持参ください)

発表者/南房総市大房岬自然の家(NPO法人千葉自然学校)/鴨川市災害ボランティアセンター/災害救援レスキューアシスト/きさらづみらいラボ(木更津市市民活動支援センター)/高徳院(南房総市千倉町川口)/ADRA JAPAN(鋸南町災害ボランティアセンター)/ほか各地区各セクターの方々

問い合わせ/千葉南部災害支援センター(NPO法人ディープデモクラシー・センター)
電話/070-4293-1693
Eメール/info@deepdemocracy.center

*474号掲載

高速バス実証運行もうすぐスタート! 鴨川↔横浜 毎日3往復運行

by admin

11月1日(金)〜2020年1月31日(金)

鴨川市と横浜市を結ぶ高速バスの実証運行を、11月1日(金)から来年1月31日(金)まで3ヶ月間実施する。運行ルートは、亀田病院〜鴨川シーワールド〜安房鴨川駅〜鴨川市役所入口〜福祉センター前〜みんなみの里〜大山公民館〜鋸南保田IC入口〜袖ケ浦バスターミナル〜横浜駅東口、1日に3往復、6便運行する。  長狭街道に高速バスが走るようになれば、周辺地域にもたらす経済効果は大きくなり、自然豊かな鴨川市への海外観光客誘致にも大いに活用できそうだ。

問い合わせ/日東交通 鴨川(営)
電話/04-7092-2354

*474号掲載

海と山里、村人たちの関わり イシイタカシ情景画展

by admin

イシイタカシ「光り輝く」

  • 11月6日(水)〜11日(月)11時〜17時
  • 会場:ギャラリー5610(東京都港区南青山5-6-10)

館山市在住でスペインにも住まいを持つイシイタカシさんの恒例の個展。イシイさんならではの色合いと空気感を持った新作の情景画を展示する。
会場は、南青山の裏通りの閑静な場所にある。来場者には、広大な沃野が広がるカルモナの丘を描いた来年のカレンダーをプレゼント。初日、6日(水)の16時からオープニングパーティーを開催、自家製サツマイモの天麩羅、生ハム、シェリー酒を用意する。イシイさんは会期中在廊している。

問い合わせ/ギャラリー5610
電話/03-3407-5610

*474号掲載

鴨川カトレアフェア・2019

by admin
  • 11月3日(日・祝)10時~17時
  • 会場:大場蘭園(鴨川市奈良林330)
  • 入場無料

洋蘭専門の大場蘭園で毎年行われている洋蘭のイベント。愛好家によるカトレア原種、交配種の作品展示とその他の洋蘭の作品が展示される(出品参加自由・無料)。参加者による人気投票も(賞品あり)。
このほか展示品解説と大場良一さんスペシャルトーク「オールドカトレアの魅力」(13時~)、5か所の蘭園が参加する洋蘭の直売などが行われる。

問い合わせ/大場蘭園
電話/04-7098-0879

*474号掲載

ホケキョ影絵芝居 砂影じじいの昔話

by admin
  • 11月3日(日・祝)15時〜16時
  • 会場:南総文化ホール・練習室
  • 料金:大人1000円、子ども500円(当日は200円増し)

館山市在住のおなじみ「ホケキョ影絵芝居」が、今回は人形を使わず、砂で絵を描いて一人芝居をする。その場で砂で絵を描き、それを上からビデオカメラで撮り、同時にプロジェクターでスクリーンに映す。演目は『いいじいさんの話』と『悪いばあさんの話』。けっこうシュールな展開。木琴、竹琴や、風鈴やカンカンで作った自作の楽器で演奏する。大人も子どもも楽しめる内容だ。

問い合わせ/タカス
電話/0470-22-2796

*474号掲載

第3回あわぶっく市

by admin
  • 11月10日(日)10時〜15時30分
  • 会場:道の駅ローズマリー公園シェイクスピア・シアター前 中庭(南房総市白子1501)※雨天時は隣接のギャラリーにて開催

書店が少ない安房地域で、本との出会いの場としておこなうブックマーケット。第3回目の今年は約30店の素人古本屋が自慢の蔵書を販売する。
鋸南町在住の絵本・版画作家、今井俊さんの版画ワークショップ、長南ビブリオカフェによる野外ビブリオバトルなど、本に関するイベント盛り沢山。

問い合わせ/ぶくぶくコレクティブ(前田・18時〜21時)
電話/0470-28-4354

*474号掲載
*475号掲載

2019年10月12日 土曜日

がんばんべぇ!房州 被災した歴史資料の取扱いに 困ったら相談を!

by admin

水損した貴重な写真を救済

台風15号で自宅や地区の集会所などが被災し、保管していた歴史資料が水損・破損して取扱いに困ったときは、安房各市町の文化財担当課や博物館に相談を。民間の古文書類については、相談いただければ、必要に応じて千葉県文書館からも支援がある。歴史資料は地域の暮らしを伝える大切なもの。文化財に指定されたものだけでなく、下記のようなさまざまなものも歴史資料だ。

  • 戦前の文書や手紙、日記、写真、絵はがきや新聞
  • 地区の記録や引継ぎ文書
  • お祭りやオコモリ(講)の掛軸や道具
  • 神社・寺院やお神輿などの彫刻、木や石でできた仏像や神像
  • 絵馬・棟札など木の板に絵や文字が書かれたもの

水に濡れた古い文書や写真、壊れた彫刻などもすぐに捨てたり燃やしたりしないように。破損した資料は修復でき、情報が得られることがある。 処分を検討する前に下記の連絡先に相談いただければ、保管方法のアドバイスなど相談に応じる。

問い合わせ/館山市立博物館
電話/0470-23-5212

問い合わせ/南房総市教育委員会 生涯学習課
電話/0470-46-2963

問い合わせ/鴨川市郷土資料館
電話/04-7093-3800

問い合わせ/鋸南町歴史民俗資料館
電話/0470-55-4061

*473号掲載

海猫堂企画 消費税増税対抗!どれでも壱万円ぽっきり! 「10000yen展」(税込み)

by admin
  • 10月5日(土)〜11月5日(火)10時〜17時、水曜定休
  • 会場:海猫堂(南房総市千倉町千田1051道の駅ちくら潮風王国内)

税込み1万円でアーティストの作品が買える。売れてしまう前に、お気に入りを見つけに出かけてみては。参加アーティスト:秋家香織、安藤栄作、稲田敦、市川曜子、今井俊、ウエマツナナエ、宇田川新聞、エサシトモコ、小川恵美子、上出慎也、鹿子木美、喜多村紀、吉良康矢、坂本真彩、正一、スサイタカコ、谷口シロウ、坪井香保里、時松宏樹、mocaや、望月純、山福朱実、宮下昌也、宮本ひとみ、吉田尚洋、山口マオ他

問い合わせ/海猫堂
電話/0470-43-1039

*473号掲載
*474号掲載

インド手刺繍ショール展 ークリシュナ智子コレクションー

by admin
  • 10月24日(木)〜30日(水)11時〜17時
  • 会場:ギャラリーヒロイ(館山市北条2576)

インド・カシミールの谷深くに暮らす職人達が、来る日も来る日も刺繍をし続けて、仕上げたショール。クリシュナ智子さんは30年以上インドに通い詰め、カシミール人と交流を深めながらショールを収集。驚くべき忍耐力と技術、息をのむような美しいショールを一堂に集めたもので、他では見ることのできない幻のリングショール・シャトゥーシュ(ワシントン条約で国際取引禁止)も展示。インド雑貨などの販売もある。

問い合わせ/ギャラリーヒロイ
電話/0470-24-1665

*473号掲載
*474号掲載

鴨川棚田の夜祭

by admin
  • 10月26日(土)、27日(日)16時30分〜20時
  • 会場:大山千枚田(鴨川市平塚)
  • 参加費:当日1000円、前売800円

日本の棚田百選にも選ばれている大山千枚田で、1万本のLEDキャンドルをライトアップする「棚田のあかり」(1月5日まで)のメインイベントとして、2日間開催されているのが「棚田の夜祭り」。  3000本の松明をプラスし、郷土芸能や創作バレエなどのステージがあり、物産や飲食の出店も並び、エンディング花火も打ち上がる。  会場へは、鴨川市総合運動施設と安房鴨川駅からからシャトルバスが随時運行するのでそちらのご利用を。

問い合わせ/鴨川市観光協会
電話/04-7092-0086

*473号掲載

Back to Top