Skip to content

南房総トピックス

クリップ本誌で紹介された、トピック記事や特集記事を紹介しています。

2017年9月7日 木曜日

那古寺開創1300年記念展「繍字法華経の世界 ー受け継がれた宝物ー」

繍字法華経(那古寺所蔵・千葉県指定文化財)

  • 9月9日(土)〜10月1日(日)9時〜16時45分、月曜休館※18日(月・祝)は開館、19日(火)は休館
  • 会場:館山市立博物館本館
  • 料金:一般400円、小中高生200円

古くから観音霊場として信仰を集めてきた那古寺は、養老元年(717)開創と伝えられ、今年で1300年を迎える。これを記念して、那古寺に伝わる貴重な文化財を公開するのが、今回の展覧会。なかでも見どころの第一は、那古寺をはじめ、ゆかりの寺院に伝えられた「繍字(しゅうじ)法華経」で、初めて一堂に集めて展示される。

「繍字法華経」は白絹の布に藍色の絹糸を用いて経典の全文を縫いとりしたもので、「佛」の字は金糸を用いている。見返しに釈迦と普賢と天部2像、巻末に千手観音が彩色の細密画で描かれている。中国元朝(1271~1368)の時代に平江州(江蘇省)の女性たちが制作したもので、伝来経緯は不明だが、元禄15年(1702)に京都智積院九世宥鑁(ゆうばん)住職によって、那古寺(館山市)、宝珠院(南房総市)、智積院(京都府)にそれぞれ寄納されたことがわかっている。今回の記念展で3か寺の「繍字法華経」が315年ぶりに再会する。数少ない中国元朝の渡来品が集まる、またとない機会。

また、近年の修理によって墨書が発見された木造釈迦如来坐像など、那古寺が所蔵する文化財が公開される。

講演会 「那古寺奈良写経と繍字法華経」

  • 9月9日(土)13時30分〜
  • 会場:市立博物館本館集会室
  • 講師・宇都宮啓吾氏(大阪大谷大学教授)

奈良時代に書き写された観世音経(観音経)の写経と、繍字法華経について話す。講演会は事前申込不要。

問い合わせ/館山市立博物館本館
電話/0470-23-5212

那古寺開創1300年 記念行事

今年で開創1300年の節目を迎える那古寺では、11月に記念行事が催される。

  • 11月3日(金・祝) 特別法要(10時〜)
  • 11月4日(土) 稚児行列(10時〜) 山車屋台奉祝巡行(午後)

※稚児行列(小学生以下)の参加者を募集している。詳しくは那古寺まで。

問い合わせ/那古寺
電話/0470-27-2444

*425号掲載

伊藤・千秋「一日型染め講習会」

  • 9月23日(土・祝)~10月1日(日)9時30分〜16時
  • 会場:染・空・間シダーハウス(南房総市沓見2142-3)
  • 料金:7000円(材料費込)

南房総市に工房をかまえる、型染め作家の伊藤純夫さん・千秋洋子さん夫妻による型染め講習会。NHKおしゃれ工房の出演を機に開催して毎回、多くの受講生を集めてきた。30回目になる今回で最終回となる。

今回作る掛け軸は、「干支(犬)」か「お正月の掛け軸」の2つから選べる。

型彫り、糊置き、藍染までを一日で仕上げる。申し込みは電話で、希望日時を要予約。

問い合わせ/シダーハウス(伊藤)
電話/0470-46-3119

*425号掲載

鋸南美術会展2017

  • 9月15日(金)〜24日(日)10時〜17時、最終日は16時まで
  • 会場:道の駅保田小学校・まちのギャラリー(鋸南町保田724)

「地域の美術文化の振興に寄与すること」を活動方針にしている鋸南美術会の展覧会。鋸南町在住の美術家たち11名が、絵画、彫刻、工芸などを出品する。今回は『私の鋸南町・それぞれの視点』という特別企画コーナーを設け、出品者がそれぞれの視点で鋸南町を表現するという試みの作品を展示する。

出品者:溝口七生、藤井悦子、早川榮二、仲野邦男、鈴木武助、篠原義男、三瓶繁男、笹生雄太、岡村君江、今井俊、石川武雄

問い合わせ/鋸南美術会(石川)
電話/0470-55-2329

*425号掲載

第13回鴨川フォトクラブ写真展

  • 9月17日(日)〜10月1日(日)9時〜18時
  • 会場:みんなみの里ギャラリー(鴨川市宮山1696)

鴨川フォトクラブの会員による写真展を前期と後期に分けて開催する。

  • 「花 色々」安藤十三男 9月17日(日)〜23日(土・祝))
  • 「房総の祭り」高野春男 9月24日(日)〜10月1日(日)

問い合わせ/みんなみの里
電話/04-7099-8055

*425号掲載

NANSO DANCE FESTIVAL 2017 -JIPANG-

  • 9月24日(日)開場12時30分、開演13時
  • 会場:南総文化ホール・大ホール/入場無料

南総文化ホールが「NANSO舞台芸術創造プロジェクト」として開催。千葉県内のダンススタジオが舞台でダンスを披露する。「NANSOダンスワークショップチーム」の4か月に渡る稽古の集大成となるステージも。  芝生広場ではマルシェやフリマ、うまいもの屋台が出店する。野外ステージを設けるなど、子どもから大人まで楽しめるイベントになっている。

問い合わせ/南総文化ホール
電話/0470-22-1811

*425号掲載

館山まるしぇ&案山子コンテスト

  • 9月23日(土・祝)9時~14時※雨天の場合は翌日開催
  • 会場:館山市稲地区の特設会場(おどや九重店から三芳方面へ約100m)

12回目となる館山まるしぇは、「たてやま緑の仲間たち」が主催する「案山子コンテスト」との共催。地元の農産物やグルメとアイデアあふれるユニークな案山子の展示のほか、「大道劇団クエント」によるパフォーマンス、フリーマーケット、新米のすくい取り、お楽しみ抽選会など楽しめる企画が盛りだくさん。

問い合わせ/さとみ軽トラ市実行委員会事務局(館山市農水産課)
電話/0470-29-5385

※案山子コンテストの出品受付:9月16日(土)〜22日(金)正午まで。

問い合わせ/南房総なのはな村
電話/0470-36-4017

*425号掲載

MEETS南房総 IN TATEYAMA 〜出会って喋って食べて分かる!南房総が美味しい理由(わけ)〜

  • 9月23日(土・祝)10時〜14時30分
  • 会場:安西農園(館山市藤原864)
  • 参加費:大人(中学生以上)6000円、小学生4000円、小学生未満無料

9時40分に館山駅で集合して、館山のおひさま農園と安西農園を見学する。見学後、安西農園の畑の中の特設会場で、野菜ソムリエプロによる野菜をふんだんに使った里山ごはんの食事をしながら、NPO法人南房総農育プロジェクトの農家と、NPO法人南房総リパブリックの馬場未織さんによる二地域居住ミニレクチャーを行う。食事後半の時間を使って野菜販売もある。応募は「南房総リパブリック」のホームページを検索して、申込みフォームから。

問い合わせ/NPO法人南房総リパブリック
info@mb-republic.com

*425号掲載

石塚由有太鼓プロジェクト秋の公演シリーズ 遮那王

  • 9月16日(土)開場17時30分、開演18時
  • 会場:南総文化ホール・小ホール
  • 料金:前売り5000円、当日5500円、中学生以下無料・要予約(全席自由)

太鼓奏者の石塚由有によるユニット「indra-因陀羅-」の館山公演。今回は「義経記」を元にしたストーリー仕立の組太鼓を演奏する。伝統打法を核に独自の進化形打法の確立を目指し、能や歌舞伎囃子などに洋楽的なエッセンスとの融合を図った独自のサウンドを演奏する。メンバーの大川真史さんは千倉町出身で、19歳で和太鼓と出会い因陀羅としては3回目の南総文化ホール公演となる。

チケットのお求めは、南総文化ホール、カミヤマサウンドステーションにて。

問い合わせ/インドラ・プランニングオフィス
電話/03-6824-4316

*423号掲載
*424号掲載
*425号掲載

2017年8月9日 水曜日

ART FOR THE EARTH 2017 第13回 安房・平和のための美術展

  •  8月19日(土)〜27日(日)10時〜17時・最終日は16時まで
  • 会場:道の駅とみうら枇杷倶楽部ギャラリー・展示室(南房総市富浦町青木)
  • 入場無料

安房にゆかりのある美術家たちが集まり、世界の平和と美しい地球環境を次世代に引き継ごうと2005年にスタートしたチャリティ美術展。参加者は年々増加し今年は76名になり、南房総では最大規模の美術展。ジャンル・会派の違いを超えた作品が展示され、それぞれ出展者の平和への思いが表現される。作品の売上げは義援金となる。

問い合わせ/実行委員会(橋本)
電話/0470-29-1290

◆出展者/朝倉暁・浅見雅美・飯島眞澄・飯田真菜美・石井純・石井範子・石川武雄・伊藤誠子・今井香・今井俊・今泉俊一・今林光江・植松七重・鵜澤貫秀・岡安俊夫・加藤良江・鎌田英雄・川尻泰造・北浦淳子・吉良康矢・クリシュナ智子・小林佳奈・齋藤勇夫・坂田仁・坂本一樹・坂本真彩・笹子三喜男・笹生雄太・鈴木耕二・鈴木百合香・鈴木瑠璃子・高橋邦子・高橋文子・竹田真奈美・田嶋初・田村洋子・田村泰将・中田洋之・仲野邦男・新堀美恵子・西山正彦・白熊勝美・橋本登・橋本まち子・橋本芳久・早川厚子・原久彌・原常枝・日暮良彦・桧山薫・ひやまけいこ・平澤とみ子・廣井鏡子・福嶋洋子・福田圭介・船田正廣・真魚長明・前川章子・松井俊・松浦健二・溝口七生・海月ゆうか・水上順義・宮下昌也・望月純・谷貝順子・谷貝宗平・谷貝七華・谷貝庸介・山内新・山口マオ・山口雪香・吉川恵美子・和田剛志・渡辺紀子

*423号掲載

第23回全国大学フラメンコフェスティバルin館山2017

  • 8月12日(土)14時〜17時30分
  • 会場:南総文化ホール・大ホール
  • 入場無料

館山の夏の風物詩として定着した「全国大学フラメンコフェスティバル」。南欧風のまちづくりを進めてきた館山市が、そのイメージイベントとして開催してきた。

今年も14の大学が参加し、約130名の学生たちが館山に集結し、華麗なフラメンコを披露する。館山市内の市民サークル3団体も出演する。華やかな衣装とエネルギッシュな踊りと歌で観客を魅了する。ほかにも写真展を開催。

*423号掲載

Back to Top