コンテンツへジャンプ

房州を描いた洋画家 溝口七生寄贈作品展

by admin on 2020年7月9日
いつ:
2020年6月30日 – 2020年8月5日 全日
2020-06-30T00:00:00+09:00
2020-08-06T00:00:00+09:00
どこで:
渚の博物館(館山市立博物館分館)2階企画展示室
館山市館山1564ー1 “渚の駅”たてやま内
料金:
無料
連絡先:
館山市立博物館
0470-23-5212

潮騒

房州の自然や風景を描き続けた洋画家で、昨年10月に83歳で亡くなった溝口七生さんの作品展。地元に作品を残したいという溝口さんの意向で、鋸南町や館山市等に作品が寄贈された。館山市では寄贈を受けた5点の作品を、2期に分けて展示する。
溝口七生さんは東京都生まれ。開成学園中学校は美術部に入部、高等学校は美術部、文学部に入部し武者小路実篤の「新しき村」の活動に参加したりした。東京学芸大学を卒業後、東京都大田区立岩井養護学園、台東区立保田学園などに勤務。在職中に油絵を始めた。
昭和40年、第13回光陽会展に初出品し、「岩井の海」が入選して以降、安井賞展入選、県展で知事賞等多くの賞を受賞。
溝口さんは海、波と岩、砂丘、流木、廃船、樹といった房州の自然や風景を写実的に描き続けた。自らの作品についてこう語っていた。「自然を描き続けて飽きることはない。観光客などはあまり関心を持たない平凡な、そして昔から生活している人々にとっては当たり前過ぎるような、身近な自然・見慣れた風景・片隅の自然の中に、描いても描いても描き切れない豊かな美しさや自然の(生命の)ドラマを発見する」(『溝口七生画集』より)

*490号掲載

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top