Skip to content

この春こそ、花見でなごもう。

by admin on 2020年3月28日

満開は4月1日前後か。さらに来週末も楽しめそう。

今年のサクラの開花は例年より早く東京では3月14日。しばらく冷え込みが続き、22日に満開を迎えたと発表されている。南房総は開花が遅れておりほぼ例年どおりとなりそうだ。  佐久間ダム湖親水公園を訪れていた地元の方によれば「満開は例年どおり4月1日あたりでしょうか。この週末天気がくずれそうなので心配です。でも、咲き始めると一気にいきますね」。3月25日(水)時点での開花の状況を写真とともにリポート。満開は4月1日前後と予測されます。来週末の4月4日(土)、5日(日)あたり、満開を迎えるところもありそうだ。  今年は、新型コロナウイルスの感染症の影響により、花見のイベントは自粛ムードが広がっている。例年通りの花見は難しくなるが、少人数で、ゆったりとサクラを観賞してみては。

館山市

城山公園

館山城山公園(3月25日)

館山城山公園(3月25日)

南房総のサクラの名所として知られる館山城山公園。園内にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ、オオシマザクラなど約500本のサクラがある。館山城(八犬伝博物館)と、館山市立博物館は、新型コロナウイルスの影響で3月31日まで休館となっているが、4月1日からは通常どおり開館する。

那古寺

ソメイヨシノほか40~50本

安房神社

ソメイヨシノ他約200本。参道には桜並木がある。

鴨川市

嶺岡林道

2006年に城西国際大学観光学部が「嶺岡林道桜並木修復プロジェクト」を立ち上げて、嶺岡林道に植樹した桜がある。林道を歩くと、城西大学の創立者である水田三喜男氏の生家(国の登録有形文化財・旧水田家)がある。

魚見塚一戦場公園

魚見塚一戦場公園(3月25日)

魚見塚一戦場公園(3月25日)

鴨川市の嶺岡山系東端の景勝地に位置する。芝生広場にソメイヨシノが咲き乱れる。

内浦山県民の森

林道奥谷線沿いと中央芝生広場が花見スポットになっている。ソメイヨシノ、マメザクラ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど約500本。

南房総市

千倉総合運動公園

千倉総合運動公園(3月25日)

千倉総合運動公園(3月25日)

野球場、テニスコート、体育館などを備える運動公園の土手に約150本のソメイヨシノやヤエザクラが咲く。

酪農のさと

サクラは約100本。牧場でのんびり花見ができる。。

大房岬自然公園

園内にソメイヨシノやオオシマザクラなど約250本のサクラがあり、遊歩道に沿って、運動園地や芝生園地など見どころポイントを巡るのもおすすめ。

大房岬自然公園

園内にソメイヨシノやオオシマザクラなど約250本のサクラがあり、遊歩道に沿って、運動園地や芝生園地など見どころポイントを巡るのもおすすめ。

真野寺

3月中旬からヒガンザクラ、シダレザクラ、エドヒガン、ヤマザクラ、樹齢130年ほどのソメイヨシノなど約200本の桜が次々と咲く。18時から20時までライトアップする予定。31日(火)まで南総なのはな七福神霊場を開帳している。

鋸南町

佐久間ダム湖親水公園

佐久間ダム湖親水公園(3月25日)

佐久間ダム湖親水公園(3月25日)

千葉県下有数のサクラの名所。佐久間ダム周辺にはソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラなど約2000本のサクラが見事に咲き誇る。

 

 

 

 

 

 

花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける 今よりは 花見ん人に 伝へおかん 世を遁れつつ 山に住まへと桜といえば平安時代末期の歌人・西行。西行は鳥羽上皇の警護を担う武士集団・北面の武士として生活したが、23歳のときに出家し、諸国を巡る旅に出た。各地で多くの和歌を作り、生涯で約2090首の歌を残した。そのうち230首が桜を詠んだ和歌だ。
花見のイベントの自粛ムードが広がっている今年は、西行のように世を逃れ、独り静かにやすらかに桜をめでてみるのも一興か。

サクラ情報募集!

館山城山公園(数年前の満開時の写真)

館山城山公園(数年前の満開時の写真)

南房総・安房地域内にある、あまり知られていない、とっておきの桜の名木を教えてください。写真はメール添付で投稿。場所を必ず表記。優秀作10名様に景品進呈します。写真はウェブクリップ版に掲載します。
↓メールはこちらへ
clip@corecorp.co.jp

*483号掲載

カテゴリ: トピックス

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top