Skip to content

デジ文展 デジタル化による地域文化財の可能性

by admin on 2020年2月22日
  • 2020年2月15日(土)〜3月29日(日)9時〜16時45分、月曜休館
  • 会場:館山市立博物館(館山市館山351-2)
  • 料金:一般400円、小中高生200円(館山市民は一般200円、小中高生100円)

千葉大学デザイン文化計画研究室がデータ取得に取り組んだ寺社彫刻や仏像、万祝型紙などの実物を、複製・商品化した成果とともに展示する。

3月1日(日)に予定していたトークセッションは延期になりました。

3月1日(日)は集会室で、参加者と意見交換するトークセッション「地域の文化財とデザイン〜デジタル技術による記録・保存・活用の可能性〜」(13時30分〜16時、定員60名、当日先着順)を開催する。

問い合わせ/館山市立博物館
電話/0470-23-5212

*481号掲載

カテゴリ: トピックス

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top