Skip to content

Gallery & Museum 2020(ギャラリー&ミュージアム2020)

by admin on 2020年1月1日

クリップでは毎号、ギャラリーや博物館などのイベント情報をお届けしてきました。今回はいつも紹介しているギャラリー&ミュージアムをちょっと詳しくご案内します。ぜひ、訪ねてみてください。新しい出会いや発見があるかも。

ギャラリーヒロイ

  • 館山市北条2576
  • 電話:0470-24-1665

JR館山駅から徒歩5分のところにある。額縁屋の一部を改装して2012年にオープン。街中の商店街のなかにある気軽に立ち寄れるギャラリー。

眞汐美幸 墨画展 GATE

2020年1月25日(土)〜31日(金)11時〜17時※会期中無休/眞汐美幸さんの個展。眞汐さんは14時から16時まで在廊している。

◆森田セキと仲間たちの作品展/2020年2月2日(日)〜8日(土)

◆全日本写真連盟館山支部55周年記念写真展/2020年2月18日(火)〜24日(月)

フィッシャーマンズ テラス

  • 鋸南町吉浜99-5
  • 電話:090-6177-9051

保田の人気食事処・ばんやのすぐそばにある。安房在住のアーティストの作品を中心に展示。カフェメニューは天然の天草を使った手作りあんみつが人気。オーナーである早川夫妻の人柄にひかれて来店する人も多い。

フィッシャーマンズテラス 10周年記念展

開催中〜2020年1月15日(水)11時〜16時、火曜定休※土・日曜は17時まで/鋸南町「ばんや横丁」内のカフェ&ギャラリー フィッシャーマンズテラスにゆかりのある作家たちによる作品展。作品販売もある。出品作家:今井俊、小滝正治、小滝マサ子、直江みちる、日高菊雄、本良樹、今泉ゆう、金子京子、早川榮二、笹生雄太、本庄高士、笹生春樹、笹生恭子、岩瀬和実、早川週、秋山未帆

道の駅とみうら枇杷倶楽部 ギャラリー

  • 南房総市富浦町青木123-1
  • 電話:0470-33-4611

昨年の台風で被災してシンボルのとんがり屋根が破壊された枇杷倶楽部は、元気に営業している。ギャラリーは入口入って左手の階段をあがったところにある。

静遥 パステル画展

開催中~2020年1月8日(水)10時〜16時30分/千葉県在住の静遥さんによるパステル風景画展。静遥さんは美しい風景を探し歩き、見つけ出した風景をパステルで表現している。パステルを用いた細かなタッチの風景画は、風景とともにその時の光や温度や湿度までも思い起こさせる。

◆第7回ふるさと農山漁村写真コンクール入賞作品展示/2020年1月31日(金)〜2月19日(水)10時〜18時

◆ちぎり絵展〜紙ふうせん〜/2020年2月22日(土)〜29日(土)/富浦ちぎり絵サークルの会員の作品展 ◆刑務所作業製品販売会/3月7日(土)・8日(日)/木工・金属・革・石けんなど

◆和洋女子大学 第45回雁鴻会書展/2020年3月14日(土)〜16日(月)/書道作品展

◆第2回書道教室 美南会卒業記念作品展/3月20日(金・祝)〜22日(日)/グループ展

ギャラリー&ショップ海猫堂

  • 南房総市千倉町千田1051・道の駅ちくら潮風王国内
  • 電話:0470-43-1039

道の駅ちくら潮風王国のなかにあるギャラリー&ショップ。店主であるイラストレーター・山口マオさん作品やキャラクターグッズ、絵本などを中心に展示販売している。地元のアーティストが参加した企画展示も定期的に開催している。

ふしぎの国インド展

2020年1月1日(水・祝)〜2月16日(日)10時〜17時/インド好きの作家たちがイメージした作品やカンタ刺繍など、日本ではなかなか手に入らないインド雑貨が勢揃い。出品作家:今井俊、喜多村紀、クリシュナ智子、坂本一樹、坂本真彩、宮下昌也、山内新、山口マオ、吉田尚洋

安房暮らしの研究所 gallery 2×2

  • 南房総市千倉町平磯1301-1
  • 電話:0470-40-3850

こだわり雑貨や衣料、本などを販売するユニークなショップ。もともとは漁協の支所だった建物で金庫がギャラリースペースになっており、企画展が開催されている。

~インディペンデントマガジンの世界へようこそ~

開催中~2020年1月26日(日)12時~21時※金・土・日曜のみ開館、1日(水・祝)〜5日(日)は10時〜開館/インディペンデントマガジンの展示会を開催。出展マガジン:まぁまぁマガジン、Spectator(スペクテイター)、The Secret Beach、mürren他。

千葉県立中央博物館海の博物館

  • 勝浦市吉尾123
  • 電話:0470-76-1133

ツノシマクジラが やってきた

開催中〜2020年1月13日(月・祝)9時〜16時30分、1日(水・祝)、6日(月)休館/入館料:一般200円、高校・大学生100円、中学生以下、65歳以上、障がい者無料/2017年6月に勝浦市浜行川に漂着したツノシマクジラの骨格を展示。珍しい種類の幻のクジラともいわれている。

ギャラリーMOMO

  • 南房総市岩糸1093
  • 電話:0470-28-4621

農家の作業場だった建物を改装してギャラリーに。周囲は田園、のんびりとした場所にある。コーヒー、紅茶も飲める(各400円)。ソファで美術関係の読書もOK。

佐藤和喜墨彩画展 心のかたち、ことばの力

2020年1月11日(土)~20日(月)12時〜17時、火・水・木曜休廊/東京の私立高校の国語の先生をしながら、プロの画家として、30年にわたりデパートやギャラリーで作品を発表し続けている、岩手県出身の佐藤和喜さんの個展。忙しい生活の中で浮かんだ言葉や、心の動いた物たちをためこんだ心の引き出しから生まれた、書と画の合体した力強い作品を展示する。

館山市立博物館本館

  • 館山市館山351-2
  • 電話:0470-23-5212

城山公園のなかにある博物館本館は1月4日(土)より開館する。館山城は1月1日から3日も特別に開館している(10時30分〜16時・大人100円、小人50円)。渚の博物館は1月2日より開館。

市制施行80周年記念展「館山の昭和と平成」

昭和30年頃 市役所分庁舎(旧房州銀行本店)

開催中〜2020年3月22日(日)9時〜16時45分、月曜休館※1月1日〜3日は休館/入館料:一般400円、小・中学生、高校生200円/館山市の市制施行80周年を記念した収蔵資料展。館山市は昭和14年(1939年)に誕生した。館山市の昭和と平成の歴史を振り返る展示は、戦後の復興にはじまり、近隣6村との合併、観光地としての発展など、当時の様子を伝える文書・写真などが並ぶ。

千葉県酪農のさと酪農資料館

  • 南房総市大井686
  • 電話:0470-46-8181

9時30分~16時30分(最終入館16時)/月曜休館(祝日の場合は翌平日)

秋桜の会押し花作品展

開催中~2020年1月10日(金)/押し花の愛好家の作品を展示。

竹嶋秀夫写真展

2020年1月15日(水)~2月29日(土)/富津市在住のアマチュア写真家によるパノラマならではの迫力のある写真を展示。

鴨川市貝渚区有文書が語る嶺岡牧 「嶺岡畜産株式会社から安房酪農へ」

1部:開催中~2020年1月10日(金)、2部:1月10日(金)〜3月31日(火)/日本における第二次エンクロージャー(地主による牧場化のための農地の囲い込み)ムーブメントの展開と小農制への移行を展示で紹介する。

白浜海洋美術館

  • 南房総市白浜町白浜628-1
  • 電話:0470-38-4551

10時〜17時/火・水・木曜休館 ※臨時休館の場合もある

白浜海洋美術館で2020年3月22日(日)まで開催中の「クジラはアートだ!」

*478号掲載

カテゴリ: トピックス

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top