Skip to content

新春お年玉プレゼント付き クリップ版 第17回南房総検定

by admin on 2020年1月1日

印刷用PDF版はこちら

クリップ元日号恒例の「南房総検定」。今年は、南房総エリアのアートをテーマに取り上げてみました。全問正解をめざしてチャレンジ!ふるってご応募ください。

問1


滝沢馬琴の里見八犬伝の芳流閣の戦いは様々な浮世絵師によって描かれています。以下の4人のうち、右の有名な縦長の構図の絵を描いたのは?

イ・歌川国貞 ロ・歌川国芳 ハ・月岡芳年 ニ・菱川師宣

問2


鋸山の中腹にある千五百羅漢は文字通り1500体をこえる石仏群です。この羅漢像を27人の門弟を率いて21年間かけて造りあげた石工は?

イ・左甚五郎 ロ・大野甚五郎 ハ・大前田英五郎 ニ・山田五郎

問3


東京湾観音、釜石大観音などを制作した鴨川市出身の彫刻家、長谷川昻の作品、女神像「暁風」がある展望台は?

イ・魚見塚展望台 ロ・富士見展望台 ハ・回転展望台 ニ・見晴らし展望台

問4

安井曾太郎や梅原龍三郎らを指導した洋画家、浅井忠が明治29年(1896年)12月から翌春にかけて取材をもとに制作した『漁婦』に描かれた海岸はどこ?

イ・北条海岸 ロ・根本海岸 ハ・岩井海岸 ニ・原岡海岸

問5

画家ゆかりの宿として知られる鴨川市太海の江澤館。この旅館の部屋から描いたといわれる安井曾太郎の代表作のタイトルは。

イ・太海港 ロ・仁右衛門島 ハ・夏の漁村 ニ・外房風景

問6

画家・青木繁は館山市布良に滞在し、代表作「海の幸」を描きました。この時、一緒に滞在していた同郷の久留米出身で同級生でもあった画家とは?

イ・坂本繁二郎 ロ・横山大観 ハ・福田蘭童 ニ・小山正太郎

問7

少女雑誌「それいゆ」の編集や挿絵画家などで活躍し、館山市で療養生活を過ごした中原淳一の歌碑がある海岸は?

イ・根本海岸 ロ・平砂浦海岸 ハ・坂田海岸 ニ・塩見海岸

問8

イラストレーターの山口マオさんが作画を手がけている人気絵本「わにわにシリーズ」(文・小風さち)のシリーズ第一作のタイトルは?

イ・わにわにのおふろ ロ・わにわにのおでかけ ハ・わにわにのおおけが ニ・わにわにのごちそう

問9

イラストレーターの安西水丸さんが、千倉町(南房総市)で過ごした幼い頃の思い出を描いた活動初期の漫画作品集は?

イ・赤の時代 ロ・黒の時代 ハ・黄の時代 ニ・青の時代

問10


彫刻家の太田雅典さんが手がけた巨大な石のモニュメントが白浜野島崎の先端に据えられています。この石の彫刻作品のタイトルは?

イ・ビッグストーン ロ・ギョベックリ・テペ ハ・房総半島最南端の碑 ニ・ウルル

話題の商品! 南房総の逸品!家族みんなでチャレンジしよう!

応募方法

  • ハガキで

それぞれの問題の番号と答え(イ、ロ、ハ、ニのいずれか)、ご希望賞品(番号で3つまで)、郵便番号、住所、氏名、電話番号、南房総でお気に入りのスポットやお店、商品などをご記入の上、左記までお送りください。
応募は、お一人様一通までとさせていただきます。複数の応募は無効となります。

宛先:〒294-0045 館山市北条700-2 「コア・クリップ編集室 南房総検定係」

  • 南房総の好きな場所(スポット)、お気に入りのお店や商品などを、ぜひお書き添えください!

締切

2020年1月14日(火)までにお送りください。当日の消印は有効です。

抽選方法

全問正解者の中から抽選で賞品を差し上げます。全問正解者が少ない場合は、得点の高い順に抽選を行います。

発表

クリップ479号(2020年1月25日・土曜日発行とクリップホームページ)にて行います。

全問正解者には もれなく、 クリップ特製カレンダー・オリジナルメモ帳をプレゼント!
※正解者が多い場合は、抽選で200名様までとさせていただきます。

プレゼント賞品

1. クリップ賞 Jackery ポータブル電源 240 ……1名様

2. コア賞 ブルーノ コンパクト ホットプレート ……1名様

3. コアコミュニケーション賞 パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ……1名様

4. 楽しみま賞 Fire TV Stick Alexa対応 音声認識 ……1名

5. わにわに賞 わにわに絵本5冊セット ……1名様

6. がんばろう南房総賞 白浜いっぺぇ楽しんで券2000円分 ……5名様

7. 南房総アート& クラフト賞 西山光太作 飯碗 ……2名様

8. 南房総アート& クラフト賞 志村和晃作 マグカップ ……2名様

9. 本を読みま賞  図書カード2000円分 ……3名様

10. お米を食べま賞  長狭米(5㎏袋) ……5名様

11. 安田農園賞  千葉アクアメロン(1個) ……2名様

賞品紹介

白浜いっぺぇ楽しんで券

先の台風被害が少なくなかった白浜地区で、観光の冷え込みをなんとかしたいと、コテージ「シーグラス白浜」を運営するドッグホテル「Sea & Dog」のオーナーが、白浜エリアの提携店で使用できる商品券を独自に企画。自らの被災にも、暗い雰囲気にしたくないと「いっぺぇ楽しんで券」と命名、同コテージ他で宿泊客へのクーポンとして提供している。オドーリキッチンやイルファーロ他の料理店、海産品店等で利用可能(提携店は券裏QRコードで確認)。また、本券を利用したい宿泊施設は、「Sea & Dog」で購入可能となっている。

西山光太作 飯碗

西山光太さんは、館山市香に窯を構える陶芸家。陶芸に適さないといわれていた房州の土を使い、その特性にあわせた焼成のノウハウを編み出した「あわ焼」のプロジェクトなど、独創的な作風・技術を広げている。NHK総合「ひるまえホット」で「あわ焼」の活動紹介を放映予定(1月15日)/千倉・安房研、オルネカフェ等で常時取扱い/1月15日(水)〜、日本橋人形町の「ギャラリー山咲木」で展示予定。

※NHK総合「ひるまえホット」での放送予定が変更になり、2月以降の放送が予定されています。

志村和晃作 マグカップ

館山出身の陶芸家・志村和晃さんは、20代半ばで陶芸の道に入り、九谷焼の工房、益子での修行を経て独立、館山に窯を構えている。近年は染付の作品に力を入れ、あくまでオーセンティックな作風でありながら、手仕事のあたたかみある風合いが独特のキャラクターとなっている。/首都圏を中心にクラフト系雑貨店等で作品取扱い。

*455号掲載

カテゴリ: トピックス

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top