Skip to content

企画展「波涛を超えて~伊八、海を渡る~」

by admin on 2013年12月26日
いつ:
2013年11月16日 – 2014年2月16日 全日
2013-11-16T00:00:00+00:00
2014-02-17T00:00:00+00:00
どこで:
鴨川市郷土資料館
鴨川市横渚
料金:
大人200円、小中高校生150円(小学生未満と鴨川市民無料)
連絡先:
鴨川市郷土資料館
04・7093・3800
欄間「黄石公」(横須賀市・真福寺所蔵)©石川靖弘(山の上スタジオ)

欄間「黄石公」(横須賀市・真福寺所蔵)©石川靖弘(山の上スタジオ)

  • 開館時間:9時~17時
  • 休館日:月曜日/祝日の場合は翌日、1月1日~3日

毎回好評を博している ”伊八展“。22年度の「伊八新発見展」、23年度の「伊八再発見展」に引き続き、今回の企画展「波涛を超えて~伊八、海を渡る~」もまた鑑賞者を魅了している。

初代伊八こと武志伊八郎信由は、江戸時代中期、長狭郡下打墨村(現・鴨川市)に生まれた彫物大工で、安房、上総を中心に、江戸、相模などの地域に多くの優れた作品を遺した。

今回の企画展では、新たに発見された作品や、初公開作品を含む19点を展示。円熟期の伊八の技が冴えわたる大作、横須賀市真福寺所蔵の欄間二面「黄石公」「張良」や、鴨川市鏡忍寺所蔵の伊八20歳頃の作品「力士」(阿吽二体)、迫力に満ちた「獅子」(個人蔵)などが展示されている。

どの作品も間近で観賞することができ、精巧に表現された彫刻に圧倒される。

波だけではない伊八の姿が見えてくる貴重な機会となるだろう。

*340号掲載

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top