Skip to content

高森登志夫絵本原画展

by admin on 2012年7月3日
いつ:
2012年7月20日 – 2012年8月19日 全日
2012-07-20T15:00:00+00:00
2012-08-19T15:00:00+00:00
どこで:
小さな小さな絵本の館グリム(10時30分〜17時・火曜休館)
館山市神余
料金:
入館料 おとな300円・小中学生100円
連絡先:
小さな小さな絵本の館グリム
0470・28・0477

緑豊かな木々のざわめき、光と風

風景画家・高森登志夫さんの絵本原画『森のみずなら』『木の本』『吸血鬼の花よめ』ほか全21点を展示。
会場の「小さな小さな絵本の館グリム」の会館10周年記念に企画された。28日には「おたのしみ会」として高森さんの講演や人形劇も開催。

おたのしみ会

  • 7月28日(土)14時~16時
  • 講演:高森登志夫さん「日本の山々、風景と向き合って」
  • 人形劇:MあんどB(日本全国で活躍中、船橋のアマチュア人形劇団)パネルシアター《日本むかし話クイズ》・人形劇《アンデルセン原作エンドウ豆の上にねたお姫さま》
  • 定員:25名(申込み先着順)
  • 参加費:1200円(入館料込)

船橋のグリム当初から高森登志夫さんの絵本に魅了され、いつか原画展を企画したいと思っていました。10周年記念に、その夢がかない高森登志夫原画展を企画できましたことは、私個人としましても幸せです。精緻にして柔らかな画。緑豊かな木々のざわめき、光と風を浴びにいらっしゃいませんか。皆さまのご来館をお待ちしております。
飯塚 須磨子

参照:小さな小さな絵本の館グリム

*307号掲載

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top