Skip to content

南房総イベントカレンダー

クリップに掲載されたイベント記事のほか、地域のイベントを日付順に表示しています。
リスト形式/月別・週別・日別スケジュールの各表示に切り替えられます。

気になったイベントは、「詳細を見る」ボタンをクリック!
ツイッター、facebookを使えば、友達を誘うのもカンタン!

3月
2
2018
超絶技巧の工芸展 @ SGT美術館
3月 2 – 7月 30 全日

  • 開館時間:10時〜17時
  • 火・水・木休館

オールドノリタケ双耳皿、野々村一男の木彫彩色「翁」、螺鈿蒔絵の五段重ねお重、鍋島染付双鯉皿など明治工芸を中心に20作品を展示する。

http://sgtmuseum.s2.xrea.com

*437号掲載

4月
6
2018
久野正人写真展『石垣島の旅路』 @ 白浜海洋美術館
4月 6 – 6月 30 全日
  • 10時〜17時、火水木曜休館

南房総市千倉町在住の久野正人さんが、毎年夏に石垣島でアルバイトをしながら撮影した写真を展示する。

*438号掲載
*441号掲載

4月
28
2018
今井俊・直江みちる メキシコの祭り絵本原画展 @ 月の沙漠記念館
4月 28 – 7月 3 全日
  • 9時〜16時30分、水曜休館

鋸南町在住の版画家、今井俊さんとイラストレーター・造形作家の直江みちるさんによる絵本の原画展。メキシコのお祭りの絵本や取材スケッチ、死者の日の祭壇(実物大再現)などを同時展示する。

*439号掲載
*441号掲載

6月
1
2018
安田直子陶展 @ 安房暮らしの研究所
6月 1 – 7月 29 全日
  • 12時〜21時、金土日のみ開館

金魚の絵柄で作陶している安田直子さんの個展。

*442号掲載

海猫堂企画展「わたしの魚展」 @ 海猫堂
6月 1 – 6月 30 全日

  • 8時30分〜17時、水曜定休

魚をテーマとしたオリジナル作品を展示する。作品は貝のランプシェード、陶片のオブジェ、版画、ワンピース、ブローチ、絵画など個性豊かなものばかりだ。それぞれ1点モノで、ユニークなものが揃っている。販売もしているので、売れてしまう前に、お気に入りを見つけに出かけてみては。現在13名が出展しているが、追加の参加者を15日まで募集している。絵画などの平面作品から立体作品までジャンルは問わない。参加費は1000円。一人一点まで。詳しくは問い合わせを。

*442号掲載

6月
8
2018
澤岡泰子&矢後由実子 木のリトグラフ展 @ ギャラリーMOMO
6月 8 – 6月 25 全日

澤岡泰子「記憶の風景91」

  • 12時〜17時、火水木曜休廊

木版リトグラフに取り組む澤岡泰子さんと矢後由実子さんの二人展。
木版リトグラフは、木版とリトグラフを合体させた新しい版画の技法。澤岡さんは国内はもとよりイタリア、ポーランド、メキシコ、中国など海外にも積極的に出向き、作品発表、木版リトグラフの普及に努めている。
6月16日(土)13時30分より澤岡夫妻によるギャラリートークを開催する。参加費無料。要予約。

*442号掲載

6月
14
2018
藍・柿渋染展 @ EKEKO
6月 14 – 6月 19 全日
  • 10時〜17時

長年、藍染に取り組んでいる高橋令子さんによる作品展。藍染めと柿渋染めの服やバッグ、帽子、ショール、テーブルセンター、のれんなどを展示する。

*442号掲載

6月
21
2018
陶と布絵 @ ギャラリーsfk
6月 21 – 7月 16 全日
  • 11時〜16時、火水休館

石井純さんの陶芸と、山鹿文子さんの布絵の作品を展示する。

*442号掲載

7月
25
2018
第42回鴨川書道協会展 @ 鴨川市民ギャラリー
7月 25 – 7月 29 全日
  • 9時〜16時(最終日15時30分)

会員による作品約80点を展示する。

*442号掲載

Back to Top