Skip to content

初代後藤義光生誕二百年

by admin on 2015年4月10日

後藤義光生誕200年記念企画展「房州彫物職人の技」

  • 会期:2015年4月18日(土)~5月24日(日)※4月27日(月)は休館
  • 会場:渚の博物館(館山市立博物館分館)企画展示室(館山市館山・館山夕日桟橋そば)
  • 入館無料

彫刻師・初代後藤義光生誕200年を記念した行事が各地で開催されるなか、大注目の展覧会が渚の博物館で開催される。千倉町に生まれた後藤利兵衛橘義光は、晩年の80歳初め頃には現在の館山市上真倉(青柳)に移り住んだ。館山市内には鶴谷八幡宮の拝殿向拝の格天井の龍をはじめ、個人蔵も数多く作品が残り、山車や神輿の彫刻でも知られている。

今回の企画展では、館山市内に残された彫刻を中心に、その作品が紹介される。神明神社(館山市上真倉地区)と日枝神社(館山市青柳地区)の2基の神輿(5月4日まで展示)、円蔵院の誕生仏など社寺に所蔵されている作品のほか、個人蔵の置物や欄間等、さまざまな題材の彫刻作品30数点が展示される予定だ。県外からは洲崎神社(神奈川県横浜市)の巨大な獅子頭や、叶神社(同横須賀市)の精緻に彫られた脇障子など、見逃すことのできない作品が並ぶ。通常非公開の作品が多く、これだけの作品を見ることができる機会はしばらくないのでは。義光の足跡を辿れる貴重な展覧会だ。

ギャラリートーク「後藤義光とその作品」

  • 講師:稲垣祥三氏(寺社彫刻研究家・彫刻家)
  • 日時:4月25日(土)13時30分~14時30分
  • 会場:渚の博物館(館山市立博物館分館)企画展示室
  • 申込み不要

問い合わせ/館山市立博物館
電話/0470・23・5212

後藤利兵衛橘義光生誕200年祭

後藤_生誕200年チラシ

  • 日時:2015年5月5日(火・祝)10時〜15時
  • 会場:鶴谷八幡宮(館山市八幡)

初代義光の偉業を顕彰し、歴史的遺産をこれからの街づくりにいかし、観光資源として情報発信しようと企画されたのがこの生誕200年祭。

鶴谷八幡宮に館山市内から義光の彫刻がほどこされた3台の山車、9基の神輿が集結する(11時30分〜15時)。この間、ボランティアガイドによる解説も。

12時30分から14時までは、200年祭盛り上げ隊のイベント。亀楽連、安房八幡太鼓、南総みよし烈火隊、木更津かずさ連、青柳かっこ舞による、囃子や演舞が披露される。

義光の作品がTシャツに。

初代後藤義光の作品をデザイン化したTシャツが完成し、4月1日から販売された。義光生誕の地でもある千倉町の有志から「生誕200年の記念に、何かできないか」との声があがり、作品をモチーフにしたTシャツづくりが提案され、完成にこぎつけたもの。

絵柄は写真をもとにイラスト化し、巧みな技や魅力を極力再現している。山車の正面につく台柱の「降り龍」、神社の正面に据えられた「向拝の龍」、寺社の虹梁の両脇に付けられた一対の「振向き獅子」の3種を第一弾として発売。Tシャツの地色は5色あり、4サイズが用意されている。

Tシャツの売上げの一部は南房総市千倉地域づくり協議会を通じて義光作品の保存活動の寄付金となる。

  • 販売価格:2,484円(税込)
  • サイズ:S・M・L・XL
  • 色:白・黒・グリーン・グレー・エンジ
  • 取扱店:セブンイレブン(千倉瀬戸浜海岸店・館山真倉店)・道の駅ちくら潮風王国(潮風プラザ)・道の駅とみうら枇杷倶楽部・サザンコースト

問い合わせ/サザンコースト
電話/0470・44 ・4735

「義光Tシャツ」読者プレゼント!

抽選で3名様に義光Tシャツをプレゼントいたします。

応募はハガキに住所・氏名・希望サイズをご記入の上、クリップ編集室(〒294-0045 館山市北条700-2)まで。応募締切・平成27年4月24日(金)消印有効。当選発表はクリップ371号(5月9日発行)にて。

*369号掲載

カテゴリ: トピックス

コメントを残す

Back to Top