Skip to content

西川名オーシャンパークに マーメイド像「マリリン」が完成

by admin on 2014年3月19日
最後の仕上げに取り組む鈴木陽児さん

最後の仕上げに取り組む鈴木陽児さん

南房総の海は魚種も豊富でダイビングには絶好のエリア。
館山市西川名にある「西川名オーシャンパーク」(NOP)もそのひとつで、多くのダイバーが訪れ、海の素晴らしさを満喫している。

クラブハウスの壁面に作られたのが約2メートル大の人魚像。制作したのは、南米インディオやその暮らしを育む風景を描いてきた館山市在住の画家・鈴木陽児さん。この場所に海のロマンを感じさせるモニュメントがあったらと思い立ち、昨年11月から取り組み、5か月かけて完成させた。

マーメイドはマリリンと命名

マーメイドはマリリンと命名

「制作現場を見て、いろんな人が協力してくれたんです」。白セメントは三重県から、着色に使われているラピスラズリー、ヒスイといった色石も訪れたダイバーが提供。髪、胸、尻尾は色石を砕いたものを白セメントに混ぜ合わせたもので、自然石ならではの色合いに。
「唇に真珠をくわえてもらったら完成かな……」。

マーメイド・マリリン完成パーティ

3月31日(月)午後2時~

「海にまつわるこんなすてきな人魚像を作っていただき、ただただ感謝です。気軽に立ち寄って見にきていただけたら、うれしいですね」とはNOPのオーナー・石川文明さん。

マーメイドの除幕式と無償で制作に取り組んできた鈴木陽児さんを労う会を開催。
パエージャ、炭火焼や飲物などが用意される。参加費は無料。誰でも大歓迎。

問い合わせ先/西川名オーシャンパーク
電話/0470・29・1411

*345号掲載

カテゴリ: トピックス

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top