Skip to content

藤原幸一写真展「みんなの地球/つながる未来」

by admin on 2013年3月8日
南極で撮影された写真。ペンギンの後ろにはゴミの山が見える

南極で撮影された写真。
ペンギンの後ろにはゴミの山が見える

  • 開催中〜4月7日(日)10時〜17時(最終入館は16時30分)
  • 水曜休館/会場:金谷美術館(富津市金谷)
  • 入館料:一般500円・高中300円・小200円

日テレ「天才!志村どうぶつ園」やNHK「生きもの地球紀行」、TBS「どうぶつ奇想天外」などのテレビ番組でもおなじみの生物ジャーナリスト・藤原幸一さんの写真を展示。

多種多様な生物が生息することで成り立つ地球。数百年前は1年に1種ほどだった種の絶滅は、環境破壊などにより今では1年に4万種が絶滅しているといわれている。

藤原さんが世界を駆け巡り撮影した、地球の生物のいまをとらえた貴重な写真約80点が並ぶ。
海洋、森、北極南極の3部で構成され、絶滅した生物の写真も10点ほどが紹介されている。
写真は南極で撮影されたもので、ペンギンの後ろにはゴミの山。
人間は南極で100年以上もゴミを捨て続けてきた、こんな現実も写し出されている。

スペシャルバリアフリーコンサート

  • 3月10日(日)第1部・13時30分〜(完売)、第2部・16時〜
  • 会場:金谷美術館
  • 料金(入館料)
  • 出演:竹村浄子(ピアニスト)・森美佳(ソプラノ歌手)

金谷美術館とフコク生命のコラボレーションコンサート。

「音楽や芸術は、みんなが楽しむことができるものだ」を合い言葉に、どなたも楽しめるようなプログラムを用意し、バリアフリーをコンセプトにしたコンサートを開催。

藤原幸一トークイベント×公募写真展表彰式

  • 3月31日(日)13時〜
  • 会場:KANAYA BASE(富津市金谷)
  • 参加費:2000円(金谷美術館入場券・飲食代含む)

金谷の暮らしと景観、海洋ドキュメンタリー、子どもたちのテーマで写真を公募。

入選作40点は金谷美術館の近くにあるKANAYA BASEに展示されており(4月7日まで)、3月31日は藤原幸一さんのトークイベントと公募展表彰式が行われる。

立食スタイルのパーティも開催される。

問い合わせ/金谷美術館
電話/0439・69・8111

*321号掲載

カテゴリ: トピックス

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top