Skip to content

ジンベエザメに会いに行こう!

by admin on 2012年9月6日

船上ウォッチング

ゆったりと泳ぐジンベエザメ。なかなかの迫力

  • 9月30日(日)まで
  • 1日6便出航:9時・10時・11時・13時・14時・15時
  • 悪天候時、欠航あり
  • 所要時間:約20分
  • 当日先着順に受付
  • 会場:波左間漁港「マンボウランド」(館山市波左間)
  • 料金:大人(中学生以上)1000円、子ども(小学生)500円、幼児無料(ただし、2名につき500円・保護者要同伴)

ジンベエザメは成長すれば全長20m近くにもなる世界最大の魚類。
熱帯の海に生息するジンベエザメは、夏に黒潮に乗って房総沖までやってくることも稀にあるという。
一昨年から波左間の定置網に3年連続でかかり、その姿を見ることができると話題になっている。

ジンベエザメが見られるのは、関東では神奈川県の八景島シーパラダイスと、ここ波左間漁業協同組合の「マンボウランド」だけだとか。現在八景島で飼育されているジンベエザメも、一昨年ここから運んだものなのだ。

先月18日から始まったこの船上見学、新聞やテレビなどでも紹介され、すでに来客数1000人を超えているという人気ぶり。来週9月14日(金)21時から、テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」でも紹介予定。

今いるジンベエザメは体長3・5mほどのオス。
沖合500mにある直径約50m・水深約7mのイケスの中にいて、漁船に乗って見学。船底の一部は透明な板張りになっていて、船の下を泳ぐ姿もきれいに見える。
よく観察できるポイントは3つ。①波が穏やか②海の透明度③ジンベエザメの気分、だそうだ。
気分はわからないが、波と海の状態が良ければ、間近に泳ぐジンベエザメを見られるチャンス。

水温が低下する前に自然に帰すため、9月末ごろまでの期間限定の公開。ぜひ体験してみては。

問い合わせ/波左間漁業協同組合
電話/0470・29・0007
公式サイト/波左間漁業協同組合マンボウランド

*310号掲載

カテゴリ: トピックス

まだコメントはありません

コメントを残す

Back to Top