Skip to content

真夏のサンバフェスタ・イン・千倉 2012

by admin on 2012年8月9日

8月11日は千倉のサンバ! 音とダンスと食を楽しむ……

フロール・ヂ・マツド・セレージャのサンバダンサー

  • 8月11日(土)17時30分〜20時(開場・16時)
  • 会場:千倉漁港広場(南房総市千倉町平舘)
  • 料金:当日・1500円(小学生以下無料)/出演:リトルジャイブボーイズ、フロール・ヂ・マツド・セレージャ

南房総の伝説のイベントになっていた「真夏のサンバフェスタ」が、きょう6年ぶりに開催される。

腹に響く太鼓のリズムにあわせて、華麗な衣裳に身をつつんだダンサーが、激しく腰をふりながら踊りまくる…あのリズムと踊りが再び千倉漁港に帰ってくる。出演するのは松戸市のサンバチーム「フロール・ヂ・マツド・セレージャ」。浅草サンバカーニバルでも上位入賞の実績を持つ実力派だ。

このサンバダンスをナビゲートするのが「リトル・ジャイブ・ボーイズ」。ウクレレを抱えて歌う藤井康一を中心にしたジャンルにこだわらない音楽を聴かせてくれるバンドで、子どもからお年寄りまで楽しませてくれる。まさに、究極のエンターテイメント!

熱帯屋台村も再び!

クリックして拡大表示

このイベントで欠かせないのが「熱帯屋台村」、こだわりのメニューが並ぶ。前回のイベントで多くのファンをつかんだ松戸のラーメン店・13湯麺。セレージャの発祥地でもあり、マスターの松井一之さんはサンバチームの代表。繊細な味わいの黄金色に輝くスープに、自家製麺がからむ絶品のラーメンは、このイベントの看板メニュー。昼も特別営業する(入場無料)。

300種類のラムを置く銀座のバー・LAMPも特別出店。バーテンダーが千倉に駆けつける。絶妙のモヒートなどの各種カクテルを提供。

地元からは、ピザインディーズ、ストロベリーポット、ボゴダ、新港ラーメンが出店。それぞれに、こだわりのトロピカルな食べ物や飲物が並ぶ。
食べて飲んで、音楽を聴いて、ダンスを楽しんで…そして踊って。真夏の夕暮れの漁港で、悦楽のひとときを。

●車の方は…会場近くの駐車場をご利用下さい。
※雨天の場合は千倉漁港・漁村センターで開催。

詳しくは公式HPで。

問い合わせ/千倉観光案内所
電話/0470・44・3581

前回(2006)の紹介記事はこちら CLIP169(2006.8.12発行)からご覧いただけます!

房日新聞でも紹介していただきました!

*307号掲載・トピック記事はこちら
*308号掲載

カテゴリ: トピックス

コメントを残す

Back to Top